開国博Y150に行った2009年08月17日 00時00分00秒

ラ・マシーン(開国博Y150):GR DIGITAL、28mm相当、1/370sec、F7.1、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

横浜で開かれている「開国博Y150」(ベイサイドエリア)に行ってきた。このイベント、あんまり人気がない。不人気の理由は、大人2400円の入場券の割に観るべきものが少ないということに尽きる。会場も大きくないし、ラ・マシーンという巨大蜘蛛とBATONという映画とスーパーハイビジョンシアターぐらいしかない。これで大人2400円だからなぁ。しかもその日だけ。2400円で3日入れるとかならまだましなのだが。

写真のラ・マシーンだが、これ自体はそこそこ面白い。ただ、観る場所がよくない。会場には写真の左下に写っているような変なオブジェがところどころにあって邪魔。見せたいのか見せたくないのかよく分からない配置になっている。最初は一般人は巨大蜘蛛ラ・マシーンに乗れなかったのだが、小学生以下に限って抽選で10名から15名ほどが乗れるようになった。蜘蛛は顔の部分から水を霧状にして吐き出すので写真を撮る人は要注意。出発地点の進行方向右の人と終点進行方向正面の人は水を吹き付けられて逃げ惑っていた。だからGR DIGITAL用の防水ケースを発売しろとあれほど言ったのに(笑)。

ラ・マシーンの会場内には、富士フイルムのブースがあって「たねまる」と何かもうひとつのキャラクターが飾ってあったので写真を撮ろうとすると、富士フイルムブースのお兄さんが飛んできて、富士フイルムブースに写真撮らせてプリントを1000円で買えば自由に撮っていいと言う。どうりで富士フイルムブースの前だけまったく人がいないわけだ(笑)。誰がベニヤ板の前に立っているたねまる(それも中に人間の入っているのではなく人形)との記念写真に1000円も払うのか。ラ・マシーンとの記念写真で1000円とかならわかるが。ラ・マシーンはENEOSの提供なので富士フイルムが商売に使うわけにはいかないのだろう。こんなブースならやめちまえばいいのに。

写ルンですはそこで売っていたが、誰も買っていなかった。どうせなら、富士フイルムブースに行けば富士のフィルムが全部冷蔵で揃っているとか、ナチュラやチェキや富士のデジカメを半日レンタルするとか、富士の製品に触れて買いたくなるようなブースにすればいいのに。開国博Y150はきっと企画会社が駄目駄目なんだろうな。

映画BATONはよかった。ただ、今観られるのは第2章と第3章だけで、第1章の上映は終わった。開国博Y150の会期が終わるまでは会場内で売っているDVDを買うしか第1章を見る方法はない。これもなんだかなぁ、だ。もともとは会期を3つに分けてそれぞれの章だけを上映する予定だったのだが、あまりに入場者数が伸びないので第3章の会期からは第2章も見られるようにしたらしい。ただ、DVDのポスターには値段が書いてないし、会場内のコンビニには入口にポスターとプログラムはあってもDVDそのものがどこにあるのか明示されていなかった。どうやらレジに言うと奥から出してくるようだった。それだったらレジにて販売中とか書けばいいのに。みんな駄目駄目(映画はいいよ、ちょっと動きがカクカクしてるのが気になったけど)。

スーパーハイビジョンシアターはきれいだけど、それだけ。最初の方のハワイの映像は端っこの方の色が分離していた。そのあと強制的に会場を移動させられて日産の電気自動車の説明を聞かされる。えーと、ハイブリット車はどこにあるんですか?(笑)。

あれだけトップダウンで福祉を削減して公共交通を破壊した一方で、こんなところで無駄にお金を使っているんだから中田宏横浜市長が任期を全うせずに逃亡したくなるのもわかる(笑)。おそらく浅OK一郎参議院議員が衆院選に出馬したあとの参議院補欠選挙に出るつもりなのだろう。選挙民は彼の逃亡を許さずきちんと選挙でトドメを刺さなければならないと思う。浅OK一郎にもトドメを刺すのをお忘れなく(笑)。

ラ・マシーン(開国博Y150):GR DIGITAL、28mm相当、1/370sec、F7.1、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

ネコの糞尿対策にガーデンバリア導入2009年08月18日 00時00分00秒

ガーデンバリアミニ

昨日あがり予定のフィルムを取りに行けなかったので今日はカメラネタではない。すまん。表題の通りネコの糞尿対策である。

家の軒下の雨があまり掛からないところにときどきネコが糞をしていた。あたりが非常にう○こ臭いので何か対策をしなければならなくなった。ネコ対策用のプラスチックの突起みたいなのを置くとそこには糞をしなくなった。しかし全面に敷くと人間も歩くところが無くなるので、通路を開けておくとそこに糞をする。

そこでそのころたまたま近くで空き巣(侵入窃盗)があったので防犯対策も兼ねて砂利を敷くことにした。自分で防草シートと砂利を買ってきた方が安いのだが、計算するとたいした面積でもないのに砂利の重量が半端じゃない。乗用車だと1回で積めない。ホームセンターのレンタル軽トラでも600kgしか積めないので1回では運べないことがわかった。仕方なく造園業者に頼むことに。見積もりの安いところにお願いしたが相当な出費に…。

しばらくはネコの糞は見かけなかった。しかしそのうち砂利の中に糞をするようになった。最初は人間の指の太さぐらいのもので固い糞だったので処理も簡単だった。糞をされたところにレギュラーコーヒーの残りかすを撒いて消臭し、唐辛子を撒くとそこには糞をしなくなった。しかし、唐辛子は雨が降ると成分が抜けるのか効き目が無くなる。雨の降った翌日によく糞をされた。

そのうちネコの糞の質が変わってきた。指のような細くて固い糞ではなくて、どろっとした肉まんぐらいの大きな糞が砂利の間に埋まっているのである。違うネコが来るようになったのだろう。この糞には参った。取り除こうとすると大きくて重量があるので肉まんが割れるようにぱかっと割れものすごいニオイがするのである。重量も400gぐらいあるのではないだろうか。しかも砂利の中に埋め込まれているので砂利ごと捨てるしかない。砂利はタダではないのに…。それでそのでかい糞が毎日そこにされるようになってきたのだ。

このまんじゅう攻撃で頭に来た。もう許せん。ネコを捕まえてバイクの荷台ににくくって山に捨ててきてやろうか思ったが(笑)、そんなことをしているところを近所の人に見られたら、何かあったときに「前から変な人だとは思っていました。バイクの荷台にぎゃあぎゃあ言うネコを積んでどこかに行ってました。」とか証言されかねない(笑)。この案は駄目だ(笑)。

ガーデンバリアミニ説明書

ネットで検索すると、ネコに聞こえる超音波を出してネコが嫌がってこないようにさせる装置があるようだ。それがガーデンバリアだった。今すぐ買いたいのでその日の帰りに東急ハンズでガーデンバリアGDXを1台買った。1万4千円ぐらいした。高い…。

人には聞こえないというが、私にはキーン、チキチキと聞こえる。音圧も感じてなんだか不快な感じだ。自分はもともと高音はよく聞こえる方ではないかと思っていたが、実際そうみたいだ。周囲の人にガーデンバリアの発生音を聞いてもらうと、大人は聞こえない人が多い。こどもはたいていが私と同じ音が聞こえるという。わたしはまだこどもだったのか(笑)。ネコには車のクラクションぐらいの音量に聞こえるらしい。

これを置いたらその検知範囲には糞はされなくなった。ただ、センサーが作動しない距離のところにまた糞をされた。ガーデンバリアの効果は分かったので追加で買うことにした。ガーデンバリアGDXは高いのでガーデンバリアミニを4台通販で買うことにした。1台あたりはかなり安くなったがなんだか散財した気分だ。これを適宜組み合わせていままでに糞があったところをカバーするようにした。ネコに糞をされなくなった。ガーデンバリアGDXの方がガーデンバリアミニの値段の倍するが検知範囲が広いので、広い場所にはミニよりもバーデンバリアGDXの方がいい。狭い場所や障害物があちこちあるような場所の場合、ガーデンバリアミニをたくさん買って組み合わせた方が効果がある。

しかし、今度は玄関の脇の砂利が穴を掘ったようになっている。なんだかネコの尿のニオイが…。耳なし芳一状態だ。どこかにガーデンバリアの範囲漏れがあるとそこにされてしまう。そこでさらにガーデンバリアミニを2台通販で購入。これでネコの糞尿は撃退された。チキショー、いくら掛かったと思ってるんだ。カメラやレンズが買えたじゃないか…。

最近斜め向かいのお宅にもガーデンバリアミニがあるのを発見した。以前はなかったので、うちと同じく被害にあっていたのだろう。行き場のなくなったネコたちがどこで糞尿をしているのかちょっと気がかりではある。辺り一帯ガーデンバリアだらけになったりして…。

初代GR DIGITALのADJ.フリーズを再修理してきた2009年08月19日 00時00分00秒

リコーカメラサービスセンター(銀座):GR DIGITAL、1/250sec、F3.5、-0.3EV、ISO64、プログラムAE

皆様、コメントありがとうございます。戴いたコメントのお返事は後ほど致します。
m(_ _)m

記事更新の方も遅れてすまぬ。昨年修理した初代GR DIGITALのADJ.ボタン押下フリーズ現象だが、再発したことは既に報告した(GR DIGITAL(初代)またADJ.ボタンフリーズ ― 2009年08月05日参照)。ADJ.ボタンを押すと液晶モニターに映るライブビュー画像がスローモーションのようになりやがて真っ暗になり電源ボタン以外受け付けなくなるという現象だ。

昨年7月に修理して部品を交換したのだが、GR DIGITAL IIIの発売日にあわせてかどうかは知らないが(笑)、再発したのだった。

それで、ADJ.ボタンを使えないとGR DIGITALの魅力が半減してしまうし、第一大事なときにフリーズすると撮影チャンスを逃しそうになるので修理することにした。念のため昨年の修理票を持って昨年と同じリコー銀座サービスセンターへ。

窓口で1年前に修理して部品交換したのにまた同じ箇所が同じように壊れたことを前回修理票を提示して告げた。そうしたら窓口のお姉さんは、前回修理から1年経っているので無償というわけにはいきませんが…と言って奥でなにやら相談してから「修理代金税抜き5000円とさせて戴きます」とのこと。私は無償修理のつもりなんてなかったが、一応文句言っておかないと気が済まないので前回修理伝票をわざわざ持って行ったのだ。だってまた来年の今頃壊れるんじゃ困るもの。

それで即日修理は120分ほどのところ、「もう少しお時間を頂戴します」として4時間以上先の時間を指定された。ウルサイ客のようなので(笑)、念入りに点検して返さないといけないという判断なのか(笑)。正しい判断だ(笑)。

指定時間に取りに行くと、「グリップラバーも交換しておきました(はぁと」と、サービスがさらに追加。ただし、今回はおじさん(笑)。

受け付けた際の窓口のお姉さんは「ADJ.ダイヤルフリーズの再修理は初めてです」なんて仰っていたが、本当かなぁ。部品を交換しても再発するからGR DIGITAL II 以降はADJ.ボタンがダイヤルではなくシーソーボタンになったんじゃないかなぁ。だってダイヤルの方が使いやすいもの、フリーズさえしなければ。


リコーカメラサービスセンター(銀座):GR DIGITAL、1/250sec、F3.5、-0.3EV、ISO64、プログラムAE

Ai Nikkor 50mm F1.2ゲット!於新宿クラシックカメラ博(高島屋)2009年08月20日 00時00分00秒

Ai Nikkor 50mm F1.2

昨日8月19日(水)から24日(月)まで、東京・新宿高島屋11階催会場で「新宿 クラシックカメラ博」が開かれている。夜8時までやっているので寄ってみた。

ライカ・ハッセルなどの舶来ものも多いが、国産カメラ・レンズもかなり豊富だ。MFニッコールも品揃えが多かった。東京以外のお店も多く出店しているので普段と違う品揃えが楽しめる。

気になったものは、Nikon F2A、Nikon EM、CONTAX G1+Bogon 28mm F2.8、GR1シリーズ、Hexar、Hexar RF、Bessa R2シリーズあたり。

結局、Ai Nikkor 50mm F1.2がAi Nikkor 50mm F1.4S(の中古)ぐらいの値段であったのでゲット。「この値段でF1.2」というのが自分を納得させた(笑)。最近のボディーではSタイプでも非Sタイプでももう機能上の違いは関係なくなってきているし(F-501やF-301でプログラムAE使わないし)。コーティングや距離環の回転角が気にならなければAi(非S)で十分だ。Ai-Sだって古いものはAi(非S)とコーティングは変わらないし。

しかし、これで3本目の50mmだ(Ai AF Nikkor 50mm F1.4DNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 (Ai改))。広角派であんまり50mmは使わないのになんで3本も持ってるんだ…。もっと使うようにしよう。

それでL37cフィルターをちょっと探したのだが数は少なめだった。ニコンもL37cを生産終了にするなんてちょっと許せないなぁ。後藤研で再生産してくだされ。刻印で「Nikon L37c 後藤研 52mm」とか入れてくだされ-「後藤研」は赤のインク流しこみで(笑)。

【関連追記:2009年9月25日】
Ai Nikkor 50mm F1.2 + 富士SUPERIA PREMIUM 400作例 ― 2009年09月25日

【関連追記:2009年10月1日】
Ai Nikkor 50mm F1.2の絞り開放付近の作例 ― 2009年10月01日

Nikon x DOMKE プレミアムカメラバッグ(F-2モデル)9月19日発売2009年08月21日 00時00分00秒

海上保安資料館横浜館(海上保安庁横浜海上防災基地):GR DIGITAL、28mm相当、F2.4開放、1/23sec、ISO154、-0.3EV、プログラムAE

今日も更新が遅くなってすまん。ニコンのオンラインショップ「ニコンダイレクト」から「Nikon x DOMKE プレミアムカメラバッグ(F-2モデル)」が2009年9月19日発売予定らしい。
Nikon x DOMKE プレミアムカメラバッグ(F-2モデル)(ニコンダイレクト)

DOMKE(ドンケ)の一般品では限定色のチョコブラウンがラインナップされているのがいいなぁ。しかも「販売期間の限定はございません。」だ。

こ、これは欲しいかも。そして、Nikonロゴの刺繍の隣に「後藤研」の赤い刺繍が入っているとなお良い(笑)。買ってから自分で刺繍入れるか(笑)。

【関連追記:2010年4月21日】
DOMKE F-2 (チョコレートブラウン) ― 2010年04月21日
【関連追記ここまで】

【関連追記:2011年3月26日】
DOMKEカメラバッグのプラスチック製吊り具の恐怖 ― 2011年03月26日
【関連追記ここまで】


写真は記事とは関係ない。
海上保安資料館横浜館(海上保安庁横浜海上防災基地):GR DIGITAL、28mm相当、F2.4開放、1/23sec、ISO154、-0.3EV、プログラムAE

海上保安庁が証拠用写真をフィルムからデジタルに換えたというので翻意を促しに行った、というわけではない(笑)。ここは不審船が展示されている。引き揚げられた不審船本体を見る人は少なくて、皆、不審船を銃撃しているビデオに群がっていたのが印象的だった。現物見ようぜ(笑)。

コシナ工場見学下見会の様子(マップカメラ)2009年08月24日 00時00分00秒

お台場:GR DIGITAL、28mm相当、1/5sec、F2.4開放、ISO400、-0.3EV、マルチパターン測光、プログラムAE

2009年9月9日(水)にマップカメラ15周年記念イベントコシナレンズ工場見学ツアーが開催されるようだ。その下見会の様子が公開された。
準備万端!コシナ工場見学下見会の様子(マップカメラ)

いいなぁ。行きたいのだが、平日ということでちょっと無理(ちなみに定員に達してもう締め切られている)。マップカメラのサイトが画像でテキストではないので、テキストになおして抜粋引用しておく。

Map Camera15周年記念イベント
レンズ工場見学バスツアー
2009.9.9(水) 株式会社コシナ(コシナ長野工場)
07:45 受付スタート
08:00 新宿西口出発
12:00 長野・小布施「泉石亭」到着/昼食
13:00 小布施事業所(光学硝子の溶解・製造)見学
13:40 中野事業所(機械部品加工・組み立て)見学
14:40 飯山事業所(スムージング・レンズ研磨)見学
15:35 七瀬事業所(コーティング・MTF測定)見学
16:00 コシナカラー見学
20:35 新宿西口到着(解放)
募集人数:先着20名
参加費:3980円(税込)

昼食もついてバス代込みでこの値段だものなぁ。素晴らしい。


写真は記事とは関係ない。
お台場:GR DIGITAL、28mm相当、1/5sec、F2.4開放、ISO400、-0.3EV、マルチパターン測光、プログラムAE

屋形船から。この日は波が高くてぶれた夜景ばかりだったのだが、奇跡的にほとんどぶれずに撮れた一枚(手持ち)。こういうとき撮像素子の大きなデジタルカメラをうらやましく思う。ちなみに、船からはガンダムは見えなかった。

金沢2009年08月25日 00時00分00秒

寝台特急北陸号(EF81 141):GR DIGITAL、28mm相当、1/32sec、F2.4開放、ISO92、-0.3EV、プログラムAE

北陸・金沢に来ちょります。ノーネームしたん様、コメントのお返事ができなくてすみません。

寝台特急北陸号(EF81 141):GR DIGITAL、28mm相当、1/32sec、F2.4開放、ISO92、-0.3EV、プログラムAE

金沢その22009年08月27日 00時00分00秒

兼六園:GR DIGITAL、28mm相当、1/440sec、 F3.5、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

コメントのお返事は時間が取れ次第致します。もう少しお待ちください。m(_ _)m

持ってきた機材の記事を書いていたのだが、他のウィンドウと間違えてウィンドウを閉じたら書いた内容が全部消えたので今日はいじけて寝ます。とほほ。おやすみなさい。

兼六園:GR DIGITAL、28mm相当、1/440sec、 F3.5、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

金沢その32009年08月29日 00時00分00秒

寝台特急日本海(EF81 106):GR DIGITAL、28mm相当、1/14sec、F2.4開放、ISO400、-0.3EV、プログラムAE

生きちょります(笑)。コメントのお返事ができなくてすみません。m(_ _)m

金沢駅で寝台特急北陸の上り(上野行き)を待っていたら、寝台特急日本海青森行きが入線するというので慌ててホームに駆け上がって撮影。みごとにブレました…(鬱)。特急北陸の赤いEF81と違ってローズピンクのEF81だった。ちなみにローズピンクのEF81の車体色は赤いEF81の塗装が日に焼けてそういう色になっていると思い込んでいたのは内緒です(笑)。

寝台特急日本海(EF81 106):GR DIGITAL、28mm相当、1/14sec、F2.4開放、ISO400、-0.3EV、プログラムAE

金沢その42009年08月29日 00時00分01秒

金沢駅:GR DIGITAL、28mm相当、1/660sec、F3.5、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

金沢に持って行った機材の話をしたい。金沢滞在中に記事を書いていたのだが、間違えてブラウザを閉じたら書きかけの原稿も消えてしまった。ザウルスだったらブラウザを閉じる際に確認のダイアログが出るので助かるのだが、そのときはWindows 2000の小型ノートPCだったので書きかけの原稿は失われてしまった。記事はブラウザのブログ編集画面に直接入力せずにテキストエディタで書いた方がいいなぁ。

それで、持って行った機材は、

  • Nikon F100(DK-17M、MF-29付き)
  • Ai Nikkor 20mm F2.8S
  • Ai Nikkor 35mm F2S(HN-2付き)
  • Ai Nikkor 105mm F2.5(HS-14付き)
  • Ricoh GR DIGITAL(28mm相当)
  • GRD用ワイドコンバージョンレンズGW-1(21mm相当)
  • スピードライトNikon SB-30

だ。

フィルムは、

  • Kodak PORTRA 400NC
  • Kodak PORTRA 800
  • Fuji REALA ACE 100

だ。

フィルムカメラボディは、F3とF100とで迷った。単3形エネループ4本を入れたF100とF3とでは、F3の方が軽いのだが、F3に本革底ケースをつけるともうF3の方が重くなってしまう。それにストロボを使おうとするとAS-17も必要でしかもシンクロ速度は1/80秒しかない。F3のファインダーは抜群によくても、ストロボ撮影する際はF100の方が便利だ。でもストロボ使う機会はほとんどなかったのだが(汗)。

また、寝台列車を駅で撮ったりするためにISO800のフィルムを使うのだが、翌朝そのままISO800のフィルムを使う場合にはシャッタースピードが速く切れる方がいのでやはりF100に。旅行などの場合は余分なアダプターも不要でシャッタースピードもシンクロ速度も速くて巻き上げも自動の方が便利だ。ただ、F100は非CPUレンズで絞り値がファインダー内で見えないので、それが面倒と言えば面倒。

レンズは、まずは明るい広角レンズということでCarl Zeiss Distagon T* 2/28 ZFとAi Nikkor 35mm F2Sとで迷ったが、軽い35/2で決まり。超広角の20mm F2.8も持って行ったが結局使わなかった。望遠は 105mm F2.5で、これは使った。28-105mmなどのズームを持って行かなかったのは、やっぱりズームの写りに不満だからだ。28-105mmは優秀なレンズなのだが、単焦点レンズのような透明感がない。今回はすっぱりと28-105mmをリストから落とした。

このあいだの中古カメラ市で買ったAi Nikkor 50mm F1.2は持って行きたかったのだが、重かったのでこれも持って行くのをやめた。HS-12の金属フードをやめてラバーフードHR-2を買って、フィルターも値段の高いKenkoのL37 Super PROを買って持っていく気満々だったのだが。


金沢駅:GR DIGITAL、28mm相当、1/660sec、F3.5、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

なんだか京都駅みたいな感じになっている。うしろに木のねじった柱みたいなのが写っている。ねじりまんぽ?(違)

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索