Nikon DX 18-55mm専用ワイドコンバーターアタッチメント NH-WM752008年11月05日 00時00分00秒

ニコンダイレクトから、DX 18-55mm専用ワイドコンバーターアタッチメント NH-WM75が発売されるようだ。
ワイドコンバーターアタッチメント NH-WM75(ニコンダイレクト)

倍率が0.75倍、「AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G」をはじめとする18-55mmのDXレンズ専用のワイドコンバーターアタッチメントです。装着時にはおよそ13.5(FXフォーマット・35mm判換算で、およそ20mm)まで焦点距離が広がります。

【使用可能レンズ】
・AF-S DX NIKKOR 18-55mm F3.5-5.6G VR
・AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G II
・AF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6G

ご提供価格 9,800円(税込)

ニコンDXフォーマットは広角側が弱いから嫌だ嫌だと言い続けてきたが、まさかワイコンを出すとは思わなかった。ニコン信者になりきれていたら、諸手を挙げて歓迎するのだろうが、今のニコンに呆れている私には、DX用の(超)広角レンズじゃなくてワイコンで誤魔化すとはニコンも堕ちたものよのう、としか思えない(笑)。

レンズ交換式一眼レフにワイドコンバーター、何のためのレンズ交換式なのか(笑)。たしかにワイコンだとF値は変わらないし、専用設計だと画質の劣化も最小に抑えられるし、もちろん交換レンズよりも安価にできる。メリットは分かるけど、ニコンに冷めた私には堕落にしか見えない(笑)。

何のための一眼レフなのかわからないようなピントの見えないファインダーなど、ニコンはますます一眼レフの破壊活動に勤しんでいるようだ(笑)。

どうぞこのまま安易に流れる路線を継続してくだされ、ニコン。不景気にはその路線の方がいいのだろう。こういうのは、出すんならD50とAF-S DX Zoom-Nikkor ED 18-55mm F3.5-5.6Gの発売時に出しておくべきものだったように思う。あのころはいまほど超広角ズームのラインナップが揃ってなかったから。そういうタイミングの悪さは昔からですな。


MANA様、はずれでした。ニコンウォッチャーやめると言っておいてこんな記事ですいませんです。


【追記:2014年2月12日】
Nikon NH-WM75 ワイドコンバーターアタッチメント購入 ― 2014年02月12日
毒を食らわば皿まで(笑)。
【追記ここまで】

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)