「科学の眼-ニコン」:科学映像館2008年09月09日 00時00分00秒

科学映像館というサイト(以下の理由でリンクは張りません)で、ニコン(制作当時は日本光学工業)の科学映画が公開されている。
科学の眼-ニコン(科学映像館)
ttp://www.kagakueizo.org/movie/sds_kagakunome-nikon.html

1966年 イーストマンカラー 30分
企画 日本光学工業株式会社

るつぼの中からとりだされたガラス塊からレンズがつくられます。組みたてられた光学器械は、極微の世界から宇宙の果てまでの探求に、測定や測量に使用され、人間の能力をかぎりなく高め、新しい学間をきりひらいています。日本光学工業の成果の全容を紹介しています。

受賞
1967年 日本産業映画コンクール奨励賞

なのだそうだ。30分もあるのでまだ最後まで見ていない(汗)。Windows Media形式。

【 リンク 】
当ホームページのリンクを行う際は、あらかじめお知らせください。
ttp://www.kagakueizo.org/site/index.html

リンクするのにあらかじめお知らせくださいだってさ(笑)。それで、そんな面倒なことするのは嫌なので紹介するのをやめようかと迷ったのだが、ニコンファン必見の映像なので、リンクを張らずに紹介した。ほら、URLは書いてあるけど、リンク張ってないでしょ(笑)。念のためhも抜いておいたぞ(笑)。


すみません、全部のコメントのお返事が書けないでいます。少しずつお返事しますので、お待ちください。m(_ _)m

コメント

_ やまろ@会社 ― 2008年09月09日 13時13分29秒

インターネットの世界においては、リンクは自由ってのが原則だと思うんですけどね。世界中に公開しているわけですから。
それがいやならパスワードかけるなり直リンで見れないようにすればいいわけで、未だそんな時代錯誤な注意書きがあるのですね。

_ ニコンファン ― 2008年09月09日 14時15分57秒

 1966年というと42年前ですかね。(約半世紀前)
るつぼ、という懐かしい言葉、耳にしたの久しぶりです。

_ MANA ― 2008年09月09日 22時07分14秒

きっと、お知らせすると良いことがあるんですよ。
「ありがとうございます。お礼にD3を3万円でお譲りします」とか。

ああ、ちゃんとお知らせすれば、ニコンから逆リンクとかもあったかもしれないのに…<そんなおいしい話、絶対無いですよね。

_ Haniwa ― 2008年09月10日 16時38分50秒

■ やまろ様
みんなに見て欲しいのか見て欲しくないのかどっちなんだ?って感じですよね。

理事長のブログを見ると、アクセスを気にしてるみたいなんですが、どこから来たのかは把握できてないみたいですね。リンクしてもらえばリファラーでどこのサイトから来たか分かるのに(笑)。しかもリンクされていないと検索順位も上がらないし(笑)。どうも役員は大学の医者ばかりのようですが、役員の経歴とNPO法人の主旨とがしっくりこないところがあるので、リンクしない方がこっちのためにもいいかもしれません(笑)。

■ ニコンファン様
るつぼって言葉では聞きますが、実際に見ることは少ないと思います。たしか日本国内でガラスの溶解から完成品のレンズまでやっているのは、ニコン、旧ミノルタ、コシナの3社だけだと書いてあるのをみたことがあります。いまは旧ミノルタの代わりにペンタックス(HOYA)が入るのでしょうか。

■ MANA様
しまった、そこまで考えが回りませんでした(笑)。ああ、D3…。(>_<)

_ ニコンファン ― 2008年09月10日 17時32分27秒

Hamiwa様

 実は、ニコン関係者によるとこれがおそらく最後のつぼ割に私は遭遇してししまったので、それで懐かしと書いたのです。関係者から、運がいいねと言われました。でも、見ましたが今でも正直よく分かりませんでした。

_ Haniwa ― 2008年09月11日 09時06分20秒

ニコンファン様
最後のるつぼ割に立ち会われたのですか。すごい。

現在はどういう製造現場なのか見てみたい気もしますが、企業秘密なんでしょうねぇ。赤城耕一氏の詳細なリポートを求む>カメラ雑誌各社。

_ T ― 2008年09月16日 13時19分08秒

科学映像館の理事長が盛り上がってます。アクセスの発端はHaniwaさんのこのサイトではないかと思うのですが…。
ttp://rijityoo.exblog.jp/9456835/

_ Haniwa ― 2008年09月16日 14時15分35秒

T様
ありがとうございます。
いえ、私は検索でその理事長ブログがヒットしてそこからこの「科学の眼-ニコン」にたどり着いたのです。「科学の眼-ニコン」自体はかなり前からアップされていたようですので、どこか他で話題になってアクセスが増えていたのだと思います。アクセスが気になるなら、「リンク許可制」やめればいいのに(笑)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)