ニコン、動画が撮れるデジタル一眼レフ「D90」(デジカメWarch)2008年08月28日 00時00分00秒

今日は更新が遅くなってすまん。昨日ニコンがD90を発表した。
デジタル一眼レフカメラ「ニコンD90」の発売について(ニコン)
ニコンD90製品情報(ニコンイメージング)

交換レンズ
・非CPUレンズ:撮影モードMで使用可能(ただし、露出計は使用不可)、開放F値がF5.6より明るい場合フォーカスエイドを使用可能
ニコンD90主な仕様

なあんだ。じゃ、そういうことで、また明日(笑)。

というのは冗談で、非CPUレンズで露出計が働かない仕様はいただけないが、注目は動画撮影機能だろう。

720pのHD記録に対応

最大の特徴となる動画記録は、Motion JPEG、AVI形式でのHD記録に対応。ニコンでは「Dムービー」と称する。記録できるのは1,280×720ピクセル(16:9)、640×424ピクセル(3:2)、320×216ピクセル(3:2)の3種類で、いずれもフレームレートは24fps。

Dムービーはライブビューを応用した機能で、ミラーアップしたまま動画を記録。動画の色味やコントラストは、静止画でのピクチャーコントロールと同様になるという。モノクロでの動画撮影も可能だ。

記録時間は、HD記録720pの1,280×720ピクセルのみ約5分。そのほかは約20分の記録となる。フォーカスはマニュアルのみ。音声はモノラル。本体にマイクとスピーカーを備えており、本体内での再生も可能。

多彩な交換レンズを装着しての動画記録が特徴で、開放F値の明るいレンズなら、民生用のビデオカメラでは不可能な、ボケを活かした記録が可能になる。魚眼レンズ、シフトレンズ、超望遠レンズなどでの撮影も可能。動画記録中は、レンズ内式の手ブレ補正機構「VR」も作動する。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/08/27/9083.html

GR DIGITALに動画撮影機能があるが、そんなもの不要という声が結構あった。私はたまにGRDIGITALの動画を使っていたので、別にあってもいいじゃないかという立場。何を撮るかというと、動いているものを撮る(笑)。街を歩いていると面白いものを発見することがあって、それが動きが面白いものの時に使う。あとは、イベントなど。GRDの動画は画質があんまりよくないので、あくまでもこういうのがあったよ、ぐらいのものだ。

しかし、カメラの動画撮影機能も、それがきれいに撮れるのなら、世間のお父さんお母さんは一眼レフとビデオの両方を持たなくて済んでいいのではないか。

ただ、HD記録720pの1,280×720ピクセルでは約5分、そのほかでも約20分の記録時間というのが残念。メモリカードや電池の残量ある限り撮影し続けられるようにならないと。私のCoolpix2500にも動画撮影機能があるのだが、これは音声が入らずしかも最長15秒というものだった。音が入らないのは諦めるとしても15秒というのは、「おっ、なんか面白そうだ。動画で撮らなくちゃ」と思って撮り始めていままさに面白いというところ、あるいは面白いことが始まる前に撮影が終わってしまう生殺し機能だった(笑)。GR DIGITALで時間制限無しに音声ありで動画が撮れるようになって感激したものだ(笑)。撮影時間の制限は今後の発展に期待したい。みんなで動画撮影機能をべた褒めすれば、すぐに改善されるだろう(笑)。

このD90の動画撮影機能が、コンパクトデジタルカメラと違うところは、レンズが交換できるという点だろう。普通は高倍率ズームを使うのだろうが、明るい単焦点レンズでボケを活かしたり色々工夫できる余地があるのがいい。

ということで、DXフォーマットで広角単焦点レンズに困るし、ファインダーでピントの山もつかみにくそうだし、非CPUレンズで露出計が働かないから、D90を買う気はないが、動画機能は今後に期待したい。FXフォーマットのファインダーのよいカメラに動画機能を搭載してくれてもいいよ(笑)。今回は「こんな動画機能付けるぐらいなら非CPUレンズで露出計働くようにしてAi連動しろよ」とは言わないことにする(笑)。

コメント

_ やまろ ― 2008年08月28日 23時46分07秒

動画はなかなか面白い試みだと思いますね。
以外とニコンってこういうことするんですよね。
某所では動画機能について賛否両論になってますが、動画によって失われるものがないのならあっていいんじゃないかって思いますね。50mm f1.4で撮るボケを生かした動画なんてのも面白そう。

某所の論議を見ていると、頑固なのはニコンではなくて一部のコアなユーザーじゃないかなと思ってしまう(笑

_ MANA ― 2008年08月29日 00時11分25秒

ネットの評価を見ると賛否両論ですね。

きっと「写真機」として見ていれば、不要な機能でしょうね。
でも、絶対に「写真が趣味」ではなくて、「一眼レフが欲しい」というお父さんやお母さんには、魅力的な機能でしょうね。

絶対に売れるような気がします。

なんか、NIKON Uに無駄に先幕/後幕シンクロの切り替えが着いているのを見て、NIKONは写真を撮るということにこだわっている…なんて思っていたのですが、このD90をみると今までのC社とN社の立場というか、スタンスが逆転しているのかとも思ってしまいますね。
まぁ、どっちが良いとか、悪いとかじゃないですけど、今時の価値観だと売れれば価値なんでしょうね。

なんか、寂しいですけど。

で、明日のネタは、
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2008/08/28/9109.html
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2008/08/28/9105.html
のどちらかだと予想してみる感じ。
これからしばらくデジカメWATCHから翌日のこのブログの記事を当ててみるという企画を勝手にはじめます(笑)<ホントか!?

_ りー ― 2008年08月29日 08時36分48秒

私もP5100を買ったら動画機能が入っていて、何となく嫌なので無視しようとしていましたが、妻がそれを発見して、旅先でも動画を撮りまくって遊んでいます。

なぜ嫌なのか自分でもうまく説明できませんが、やはりこれは「スチールカメラ」だ!という意識が強いからでしょうね。自分に子供がいれば当然ビデオカメラを別に所有するはずですが、D300クラスのカメラに動画機能が入ってきたら、やっぱり嫌だなあ。

_ Haniwa ― 2008年08月29日 09時32分21秒

■ やまろ様
>動画によって失われるものがないのならあっていいんじゃないかって思いますね。
私もそう思います。失われるものがあると、文句言いますが(笑)。Gタイプの絞りリングとか、非CPUレンズでの露出計不作動とか、ファインダースクリーン上でのピント確認とか。

>頑固なのはニコンではなくて一部のコアなユーザーじゃないかなと思ってしまう(笑
すみません(笑)。動画に関しては寛容ですが、ファインダーに関しては頑固です(笑)。そういうこだわりがニコンに引き寄せられる理由だと思います。

■ MANA様
写真家・阿部秀之氏のブログに寄れば、運動会とかには無理なんだそうです。そこが改善されれば大爆発だと思います。
http://ameblo.jp/abe-hideyuki/day-20080827.html

ちなみに阿部秀之氏のブログでは、田中希美男氏に対してほとんど名指しに近い反論がなされています。スゴイ。
http://ameblo.jp/abe-hideyuki/day-20080826.html

たしかに、このところのニコンはC社化していますね。ファインダーでのピントの切れを捨てているところとか(笑)。売れればいいという発想は、いずれニコンに跳ね返って来ると思います。業種分類が電気機器の巨大会社C社と精密機器のニコンで同じことをやってうまくいくとは限りません。C社はカメラが駄目なら他で食えますが、ニコンはカメラ以外で全従業員を食わせられるのでしょうか。と、ちょっと意地悪になってしまいましたが。

今日は富士フイルムのネタにしようかと思いましたが、公表資料からフィルムの状況が詳しく分からなかったのでボツです(笑)。

■ りー様
そうですか。動画があっても全然困らないのですが。駅で電車待ってたら、珍しい車両が通過したときなんか、これはもう動画しかないです(笑)。駅のホームの真ん中で、通過する電車をスチルで構図作ってうまく写真にするのは難しいです。ほかにも、京浜急行電鉄の快特に乗っていたら、並行する東海道線の先行した成田エクスプレスを抜き去るところを動画で撮るとか(笑)。って電車しか撮るものないんかい(笑)。

_ りー ― 2008年08月29日 13時45分26秒

ただいま!今週の撮影終了!
もうビール飲みながら後処理やっちゃう~。

はっはっはっは。動画があっても困らないけどフラッグシップにはカンベンして欲しいなあ。でもDXのフラッグシップにはいずれ付くのかなあ。DXのフラッグシップなんてもう出ないか。私は携帯電話にカメラが付いているのも嫌なので頑固です。電話は電話でいいのだ。

ま、時代の流れで平気になるんでしょうけど。
今のところは選択の自由があるので単機能のものを選びます。

_ りー ― 2008年08月29日 14時30分57秒

念のために言っておくと、私は動画機能を否定しているわけではありませんので。D90に動画が付いていようがスマイルシャッターが付いていようが、どうでもいいです。

しかしGR-Digital ほどのマニアックな機種に動画機能が付いていたことを、ここで初めて知ってビックリしました。私がもし買っていたら結構ショックで嫌な気分になったかもしれません。実際に買ったP5100の場合は、嫌だけど「使わなきゃいいや」くらいのものでしたが。

_ Haniwa ― 2008年08月29日 15時41分23秒

>動画があっても困らないけどフラッグシップにはカンベンして欲しいなあ
気持ちは分かりますけど、大してコストアップにならないのであればあってもいいと思います。ただ、ファインダーとか使えるレンズの制限とかをないがしろにしておいて、付加機能に力入れ出すとちょっと嫌ですね。D90もそういう傾向がないでもないです(笑)。

GR DIGITALには録音機能もありますよ(笑)。動画機能の副産物でしょうけど。胸ポケットにカメラ入れておいて全部録音とか(笑)。音だけならかなり長時間録音できます。録音機能は使ったことないですけど(笑)。

わたしも、カメラ本来の機能が一定以上のレベルにあるからこそ付加機能が付いてても気にならないのだと思います。そこは頑固でありたい。カメラメーカーの方、そこんとこよろしく(笑)。

_ りー ― 2008年08月29日 16時20分05秒

それでも嫌じゃーーーー(笑)
仕事の手を止めて、冷静に考えてみました。

思えばD2Xsにも録音機能は付いてます。しかしそれは撮影の補助的な付加価値ですよね。やはり、写真とビデオというのは全く異なる2つの映像手段です。私は写真を仕事としていますが、一時期ビデオの仕事をしている友人に誘われてクソ重いベーカムを担いでいた事もあります。その時思ったのはスチールとビデオとでは全く考え方も何も違うんだなあという事でした。

だからいい加減な気持ちでビデオを撮ることはできません。初心者向けや中級機にはいいけど、プロ機には載せないで欲しいなあというのはそういう事です。

「使わなきゃいいだろ」ってのは、ちょっと違うんだよなあ。

分かってもらえないかなあ(笑)。

_ Haniwa ― 2008年08月29日 16時40分19秒

たしかによく考えるとプロ機に余計な機能付けると故障やトラブルや操作ミスの原因になるので、ない方がいいですね。ペンタ部に内蔵ストロボないのに動画撮影機能は付いてるD一桁とかなんか嫌ですものね(笑)。シンプルイズベスト。

わたしもムービーはスチルと全然違うと思います。たまに知り合いに代わりにビデオ撮ってくれと頼まれますが、あんまり嬉しくないです(笑)。こんなん撮るぐらいなら長尺マガジン付けたF3 +MD-4を何台も用意して撮り続けた方が楽しいぜ、とか思ってしまいます(笑)。ガッガッガッガッガッガッ

_ りー ― 2008年08月29日 17時40分28秒

いや~ん。HaniHaniったら話合わせてくれちゃって~ん。(ネカマ風)

要するにD3クラスを買う人はプロにしろアマにしろ、片手間にムービーなんか撮らないで欲しい、ってことです。そうしないとカメラも映像の文化もどんどん妙な方向に行ってしまう。

D90クラスにはいいと思います。以前どこかのテレビコマーシャルで「タコの八ちゃん」がどーの、ってのがありましたね。写真もビデオも撮ろうとすると手が何本も必要だ。でもこのカメラなら写真もビデオも両方撮れるよ。というのが。

よい週末を~。

_ Haniwa ― 2008年08月29日 17時57分33秒

りー様
那和秀峻氏のサイトで、EOS5D MarkII の噂として
>そして、ファインダー視野率は約100%というから、
>例の人は鬼の首をとったように鼻高々となるだろう(笑い)。
>ライブビュー可能というのはとうぜんだが、HD(ハイビジョン)動画撮影可能とあるのは目を疑う。
http://www.nawa-jp.com/etc/etc.htmの2008年8月29日(金)項。
と、あります。プロ機のひとつ下にまで動画撮影機能が…。冗談で済まなくなってきましたね。

よい週末を!

_ MANA ― 2008年08月29日 22時44分06秒

Haniwa様

阿部秀之氏のブログの100%じゃない理由は、もの凄く説得力有りというか、そのものズバリですよね。

動画は、パパママ以外にも前にも書いたとおり、動画系作家の方々に受けそうですよね。価格が現実的で、(これほど多くの交換レンズが準備されている)レンズを交換できるビデオカメラなんか今まで無かったでしょうから。
いずれにしろ、NIKONのマーケティングの勝利かもしれません。

確かに、後々首を絞めないように堅実なカメラとしての進歩も忘れずにいて欲しいです。

あ、もしかしてNIKONとかCANONの”D”は、DougaのDだったのかもしれません<何故に日本語!?

_ Akiyan ― 2008年08月30日 20時30分16秒

Haniwa様

動画機能について賛否両論だそうですが、
古くからのニコンマニヤとしては大賛成です。
Coolpix P5100を持ち歩いていて、ここぞというシーンでは動画です。

_ Haniwa ― 2008年09月01日 08時58分57秒

■ MANA様
阿部秀之氏の説が正解かもしれませんが、そのこととファインダーが残念ということとは別なので、阿部氏の説はちょっとニコン寄りだなぁと感じました。時代とともにスタンダードは変わりうるので、フラッグシップ以外は100%にしないという不文律があるわけではないと思います。もっともわたしは100%でなくてもいいから、Ai連動とファインダー倍率ちスクリーンの特性は頑張って欲しいという立場ですが。

■ Akiyan様
>古くからのニコンマニヤとしては大賛成です。
も、もしかしてウルトラマイクロニッコール等を装着されて動画をお撮りになるというご計画でしょうか。ニコンFマウントで動画が撮れると、可能性が広がりますねぇ。

Akiyan様のRED BOOK NIKKORのサイト、実は「Haniwaのページ」を作る際にHTMLを参考にさせて戴きました。6年前のことでお礼が大変遅れましたが、ありがとうございました。

_ Akiyan ― 2008年09月01日 23時04分52秒

Haniwa様

画像サイズは35ミリ映画と同じ。
アリフレックスのデジタルシネカメラD-21の価格は4500万円。
かたやニコンD90は実売12万円。
デジタルに相性のよいプリンティングニッコール95mmか105mmと
あわせると、高精細科学映画の撮影がお手軽にできてしまう。
価格的には、フェラーリと通学自転車を比べているようなものなので、
あまり真剣に検証されても困りますが。

_ Haniwa ― 2008年09月02日 08時50分42秒

Akiyan様
フェラーリの感覚が通勤自転車で味わえる画期的製品というわけですね。プリンティングニッコールの解像度に見合った高画素機に動画撮影機能が載れば、マニアだけでなく全国の理系研究室が購入するかもしれません。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)