懲りずに「使い切り」デジタルカメラがまた登場2008年07月08日 00時00分00秒

アレゲなニュースサイト、スラッシュドットジャパン経由の情報だ。DPE最大手のプラザクリエイトが「使い切り」デジカメを発売するのだそうだ。
「使い切り」デジタルカメラが登場(スラッシュドットジャパン)
使い切り「エコデジカメ」 プラザクリエイトが8月発売(日経ネット)

使い切り「エコデジカメ」 プラザクリエイトが8月発売

最大50枚を撮影した段階でカメラを返して現像を依頼。現像後のカメラはリサイクルして何度も再販売される――。そんなリサイクル方式の「使い切り」デジタルカメラが登場する。DPE(写真の現像・焼き付け・引き伸ばし)最大手のプラザクリエイトが8月にも全国1200店で発売。廃棄された携帯電話の部品を使って1280―1980円の低価格を実現する。

有効画素数は約300万画素で、防水機能付きも用意。メモリー容量は27枚と50枚撮りの2種類で、うまく撮れなかった写真は消去して撮り直しできる。撮り終えたデジカメはプラザクリエイトの店に持ち込み一枚37円でプリントする。焼き増し用の画像データもCDでもらえる。 (09:31)

http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080705AT1C0400L04072008.html

はあ?って感じだ。

フィルムは現像に出さないと画像が見られないし、ネガだと色が反転していてやはり見難いからプリントまでする必要性が高い。だから、カメラを持ってこなかったときに「レンズ付きフィルム」を買って写真が撮れるというのはユーザーにとってもありがたいし、DPE屋さんにとっても、フィルム現像やプリントの需要が増えてよかったと思う。

しかし、デジタルカメラはJPEGだと現像しなくてもいいし、プリントしなくても見られる。しかも携帯電話のデジカメユニットを使っているということは、写りも「写ルンです」よりも悪いということだ。しかもプリント代が1枚37円?消費者をなめてるのだろうか。事情の分からない人をだまして商売するような感じがする。27枚撮り300円の「DNP撮りっきり」を買った方が、きれいに写るし現像プリント代も安い。そこまでするのが嫌なら、自分の携帯のデジカメで撮ればいいのだ。いったいどういう客層を想定してるのだろう。

あと、スラドのみなさん、「使い捨てカメラ」じゃなくて「レンズ付きフィルム」な(笑)。「使い捨てカメラ」という言葉を連想させる「使い切り」エコデジカメという言い方も気にくわない(笑)。エコじゃなくてエゴじゃないの?

このサービス、おそらく年内で終了だろう。持って年度内というところか。

今日は忙しかったし、腹も減っているので、ちょっと不機嫌な文体ですまん。

【追記】
そうそう、本体を1280―1980円で売りつけておいてプリント代も1枚37円もするから腹が立つのだ。ここは、本体をタダで全国の駅前や観光地に置いておく。そしてプロテクトが掛かっていて、全国のプラザクリエイトに持って行かないと画像が抜き出せないし、プリントもできない仕組みにしておく。これは、私が大嫌いなあのお方の路上でモデムをタダで配っていたやり方から思いついた。我ながらいい考えだ(笑)。あっ、でも、分解して自分で画像取り出す人が必ず出てくるだろうなぁ。私もそうするだろうし(笑)。やっぱ、駄目だわ(笑)。
【追記ここまで】

【関連追記:2008年8月19日】
プラザクリエイト、防水仕様「使い切り」デジタルカメラ(デジカメWatch) ― 2008年08月19日
【関連追記ここまで】

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索