ケンコー「カメラレインカバーDG」(デジカメWatch デジカメアイテム丼)2008年07月03日 00時00分00秒

今日はカメラニュースネタで手抜き(笑)。
ケンコー「カメラレインカバーDG」~耐寒性能も備えた使いやすい防水アイテム(デジカメWatch デジカメアイテム丼)

これは結構いいかもしれない。そこそこ耐久性もありそうで、汎用性もある。ひとつ持っていれば、家にある多くのカメラで使えそうだ。ただ、ファインダーをアクリル越しに覗くことになるのがちょっと難点だ。ファインダー全体が見えなかったり、隙間から光が入って測光値に影響が出ないか心配だ。またアクリル窓部分は硬い板なのだろうか?保護フィルムが付属しているということは硬い板なのかもしれない。

ニコンにもニコンダイレクトで販売しているレインカバープロフェッショナルがある。サイズもS、M、Lと揃っている。これはファインダー部分にビニールがついていて、アイピースで挟んで固定する仕組みになっているようだ。そのため、対応カメラが書かれている。以前は角形のファインダーの対応は書かれていなかったのだが、DK-22を付けることで角形ファインダー窓のカメラに付けられるようになった。他方で丸形ファインダー窓の方は、D1・D2・D2xs・D3・F4・F5・F6・F100しか挙げられていない。FやF2、F3アイレベル、F3HPなどが載っていない。F3HPはF4などと同じ接眼窓なのでなぜ対応でないのかわからない。もしかしたら、ファインダー接眼窓と裏蓋上部との間隔が短いからかもしれない。F3アイレベルやFM3Aなどの丸形にも対応してくれればうれしいのだが現行機がないので無理だろう。というかそんなに何種類もファインダーアイピースの規格つくるなよ(笑)。

ケンコー「カメラレインカバーDG」はMサイズ6,615円だということだが、ニコンレインカバープロフェッショナル LとMは3,465円で、Sが3,150円だ。対応しているカメラが違うとはいえ、ニコンの方が安くて高級そうだ。うーむ。

そうそう、フィルム派には重要な問題点がある。ニコンのレインカバープロフェッショナルは接眼部のアイピースでビニール部分を挟み込んで固定している関係上、裏蓋を開けてフィルムを交換するためには、いちいちレインカバープロフェッショナルを外さないといけないようなのだ。雨が降っているときにそれをやるのはちょっと困るなぁ。デジタル一眼レフが優位な点でもあるなぁ。そう考えると、フィルムカメラにはケンコー「カメラレインカバーDG」の方が向いているかもしれない。

ちなみに上で述べたDK-22は以前は型番がなく「アイピースアダプター」としか書かれていなかったものである。プラスチック製なので重いアングルファインダーをつけたりするのには向いていない。金属製のDK-22が出ないかなぁ、と思っていたのだが、アダプターの方ではなくアングルファインダーの方が角形に対応した(DR-6)。しかし、角形用(DR-6)と丸形用(DR-5)の2種類買わないといけないから、金属アダプターで丸形のアングルファインダーを共用できる方がいいと思うのだが。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索