そこが知りたい家電の新技術パナソニック「EVOLTA」(家電Watch)2008年06月09日 00時00分00秒

更新が遅くなってすまん。今日はめぼしいカメラネタもなさそうなので、パナソニックの新しい乾電池についてだ。
そこが知りたい家電の新技術 パナソニック「EVOLTA」 ~世界一長持ちするアルカリ乾電池(家電Watch)

 オキシライド乾電池が発売されてまだ4年ほどしか経過していないが、パナソニックから新たな乾電池が登場することになった。それが「EVOLTA(エボルタ)」である。アルカリ乾電池であるが、オキシライド乾電池の約1.2倍の長持ちを実現するとともに、小~中電流域の機器でもしっかりその性能を発揮するというEVOLTA。
EVOLTAには、「使用推奨期限10年」という特徴がある。これは、EVOLTAを未使用のまま10年間経過しても、JISが規定する性能を維持するとともに、液漏れも発生しないというものだ。

なるほど。結構良さそうな電池だなぁ。私は、Nikon F3用のモータードライブMD-4には単3型オキシライド乾電池8本を入れっぱなしにしている。MD-4は電圧が高いほど高速連写が可能なようで、使用可能な電圧の上限も高い(18V)ので、なんの不安もなくオキシライドを使えるが、大電流が必要でないものや電圧が高いとまずいものにオキシライドは向いてない。MD-4にはオキシライドよりも単3型リチウム電池の方がより向いていると思う。単3型リチウム電池初期電圧1.8Vだし、アルカリやオキシライドよりも軽いからだ。値段が高いのがネックだが。F100みたいに電池食いの機種に単3型リチウム電池は高コストだが、MD-4なら単3型リチウム電池は丁度いいのではないか。

それでEVOLTAの初期電圧はいくつなのか見ようとしたが、http://evolta.jp/がFlashのみのサイトで、EVOLTAのスペックが探しにくいので閉口した。うざくて時間が掛かる割に情報が少ない。アルカリなんだから1.5か1.6Vぐらいなのだろう。

手元の単3型電池を使用するカメラは、Nikon F-501(MB-3仕様)とNikon F100(MS-12仕様)には、三洋のエネループを入れている。F-501なんかいつ装填していつ充電したのかも忘れたぐらい長持ちしている。F100はニッケル水素電池が推奨されていないのだが、ニッケル水素充電池の一種であるエネループで全然問題なく使用できている。F100はアルカリ乾電池では電池食いだったので、エネループに換えてからも、重要な撮影の前日には充電したばかりのエネループに交換しているので、エネループでフィルム何本撮れるのかは分からない。F100用のMB-15にもエネループを6本入れている。MB-4を装着していて単4型仕様のNikon F-301にも単4型のエネループを使用している。こちらもいつ充電したか忘れるぐらい長持ちしている。

あと、スピードライト(ストロボ)SB-28にもエネループだ。アルカリ乾電池やパナソニック「EVOLTA」の出る番はなかなかない。でも話の種に一度使ってみるか。でも何に使おうか(笑)。

【関連】
Nikon F3用モータードライブMD-4、オキシライドで秒5コマ ― 2006年01月24日
Nikon F100は結構電池食い ― 2007年10月19日

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)