横浜美術館でGR DIGITAL II を触ってきた&GT-1試写2007年11月05日 00時00分00秒

横浜美術館:GR DIGITAL、28mm相当、1/800、F4.5、ISO100、マニュアル露出

横浜美術館で11月3日~4日に行われた、「photoGRaph100」でGR DIGITAL II を触ってきた。

最初、横浜美術館の前庭にある噴水に近づくと、なんだか写真を撮っている人が多い。それも皆黒いカメラだ。うわっ、青いGR DIGITAL1周年記念モデルで撮影している人がいる。なんだか皆取り憑かれたように撮っている。よく見ると黒いカメラは全部GR DIGITRALの通常モデルだ。こ、これはなんだか恥ずかしい。私は、胸ポケットに入れていたGR DIGITALをそっと鞄にしまった(笑)。胸に「Ricohスタッフ」と書いた名札をつけている人が美術館前庭のあちこちにいる。あとで調べてみると、これはワークショップでGR DIGITALの通常モデルと1周年記念モデルを貸し出していて、参加者が外で撮影していたと判明。あー、びっくりした。帰ろうかと思ったぐらいだ(笑)。

さて、美術館に入るとその正面ホールで「photoGRaph100」の写真パネルが展示されていて、GR DIGITAL II は3台展示されていた。行列は出来ていないが、一人ひとりが長いので、若干待つ。

GR DIGITAL II の背面の各種ボタンは、旧GR DIGITALに比べて出っ張っていて、かつ艶のある塗装がされていた。しかし、滑るような塗料ではなく指にくっつく感じ。ADJ.ボタンはシーソーになっていてちょっと残念。背面液晶は明るくなっていることは一見して分かるが、炎天下でも見えるのかは館内では分からない。

ちいさくなった外部ファインダーGV-2の見えは、GV-1よりは若干劣るように思えた。ただ、手の脂で汚れていたせいかもしれない。アルバダ式で、4:3(たぶん)の28mm相当の枠がある。21mmや40mmの枠はない。

さて、一番のお目当てのものは、テレコンバージョンレンズ(テレコン)GT-1である。係りの人に自分のGR DIGITALに装着して撮影してもいいかと尋ねたら、「よい」とのことなので、装着させてもらった。そのとき、「これは試作品で製品版はこれとは違う可能性があります。これはこういう形のものだと見るためのものです。」と念押しされた(笑)。

それで自分のGR DIGITAL(もちろん旧型)で撮影してGT-1を返却しようとしたら、別のリコーの人に、「えっ、ああ II じゃないんですね。」「そうです自前の前の型です」「あっ、もうファームウェアはアップされてるんですね。」と言われたので「えっ、もうダウンロードできるんですか?」ときいたら、しまったという顔をされて、横の人が「11月22日からダウンロードできます」と割り込んできた。なんだかよく分からないので(笑)、私が別の話題を振ろうと「このテレコンは試作品なんですよね?」と聞くと、最初の人とは別の人が「いえ、これは製品版です。このままで発売されますっ!」とキッパリ仰る(笑)。いいなぁ、リコーのこういうところが好き(笑)。

おそらく相当数のプロや編集者の人にGR DIGITAL II を既に配っていて、それと勘違いしたのだろう(笑)。また、旧型のGR DIGITAL用のファームウェアについてもどこかには既に配布しているのだろう(笑)。しかし、これは一般向けのイベントなんだからさぁ、プレス関係と区別しようよ(笑)。

さて、そういうおおらかなリコーの方が貸してくれたテレコンGT-1(40mm)相当の写真を公開しよう。普通は撮っちゃ駄目とかいうんだろうけど、リコーは偉いなぁ(笑)。

GT-1初撮り:GR DIGITAL、GT-1、40mm相当、1/32sec、F2.4開放、ISO148、-0.3EV、プログラムAE、但しファームウェアはGT-1未対応

ピントは一番奥に合わせたつもり。ファームウェアがGT-1対応のになっていないので、EXIFでは(この写真では消してある)4.40mmになっている。カメラはGW-1のワイドコンバージョンレンズ(ワイコン)がついていると判断しているようだ。マスターレンズがよいので、テレコンも歪曲がほとんどない。ピントが若干甘いような気がするが、これはファームウェアが未対応のせいだと思う。ハイブリッドAFで撮ったのだが、CCD-AFだけで撮ればもう少しピントが来たはずだ。
GT-1初撮り:GR DIGITAL、GT-1、40mm相当、1/32sec、F2.4開放、ISO148、-0.3EV、プログラムAE、但しファームウェアはGT-1未対応

と、ほとんどGT-1のリポートになってしまった(笑)。

【関連追記】
リコー、「GR DIGITAL II」に触れられるイベント「photoGRaph100」を開催 ~ワークショップと写真展も実施(デジカメWATCH)

【関連追記:2007年12月30日】
GR DIGITAL (II)のテレコンバージョンレンズGT-1がいきなり明日発売! ― 2007年12月28日
GR DIGITAL (II) 用テレコンバージョンレンズGT-1を買った ― 2007年12月30日
【関連追記ここまで】

【関連追記:2008年1月5日】
あけましておめでとうございます ― 2008年01月02日 (GR DIGITAL + GT-1の作例あり)
【関連追記ここまで】

コメント

_ aya ― 2007年12月20日 00時22分55秒

新横浜のビッグカメラが、リコー製品を一番多く扱っているそうで(リコーの営業所が、すぐ側にあるかららしい)GT-1を、11月半ばには、予約してあったのですが、
11月中どころか今年中に発売されるかもわからないとのこと
haniwaさんが、触ったのはやはり試作だったのではないでしょうか
別に、リコーにケチ付けようとか、GR-Dが、どうのではないのですが、
正月休みに、北海道へ行くので、間に合わないのが、残念です
私は、昔からリコーのファンで(一眼は、ミノルタのSR-TとX500ですが)、はじめて使ったカメラはリコーオートハーフです
Haniwaさんの、感じられるとおり、私もリコーの社風(?)好きです

で、焦らず、ゆっくり待ちましょう
そういえば、サンパックのストロボPF20XDも半年以上待たされました
GR-Dが、アクセサリーにそれほど気を遣わせるぐらいいいカメラなのだと信じて

GT-1の発売情報を探していて、こちらにおじゃましました
今日は遅いので、このへんで
またおじゃまして、楽しそうなブログ、読まさせていただきます
ありがとうございました

_ Haniwa ― 2007年12月20日 09時09分42秒

aya様
コメントありがとうございます。
テレコンGT-1、待ち遠しいですよね。発売日の発表もないのでどうなっているんでしょうね。

試作品なのだと念を押すリコーの人と、これは量産品と同じだと言い切るリコーの人がいましたが、多分その時点では内部的には量産品はコレで行くと決まっていて、ただ外部にはまだ公表していない時点だったのだと思います。統制が緩そうなリコーの社風、好きです(笑)。こういう緩さがユニークでかつ優れた商品に繋がっていくと思います。ニコンの手堅さも好きですけど。

GT-1がなかなか発売されないのは、販売戦略的な理由なのか技術的な理由なのか気になりますね。

新横浜のビックカメラがリコーの品揃えが多いのですか。それは知りませんでした。あそこは新幹線のガード下という立地で面白い店ですよね。新横浜にはたまに行くことがあるのですが、今度寄ってみます。買うのはヨドバシで、ですけど(笑)。

こちらこそ、今後ともよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索