ニコンF3、F4、F5、FM3Aの補修用性能部品保有期間2007年09月25日 00時00分00秒

どんぐり:GR DIGITAL、28mm相当、1/133sec、F3.5、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

アサヒカメラの今月号(2007年10月号)の「死ぬまで使える『フィルムカメラ再生計画』」(神立尚紀氏)という特集の中で、ニコンのフィルムカメラの補修用性能部品保有期間が具体的に何年何月までなのかが明記されていたので紹介したい。

使用説明書には「このカメラの補修用性能部品保有期間は、製造打ち切り後○年間を目安としています。」と書かれていて、価格の高いもので10年、それ以外はたいてい7年と書かれている。しかし、その起算点である「製造打ち切り」が外部からは正確に分からないので、いったい何年何月まで補修用性能部品保有期間があるのかが窓口に訊かないと分からないのであった。それがアサヒカメラに明記されているのは素晴らしい。詳細や他のメーカーについてはアサヒカメラ2007年10月号を参照してくだされ。

カメラ名補修用性能部品保有期間
Nikon F32011年7月
Nikon F42008年8月
Nikon F52014年5月
Nikon FM3A2015年8月
出典:アサヒカメラ2007年10月号(第92巻10号 通巻971号)155頁

またNikon FとF2については、補修用性能部品保有期間は過ぎているのだが、「部品交換を伴わない修理なら可能な場合がある」とのことだ。

Nikon F4がそろそろ補修用性能部品保有期間が過ぎる頃かと思っていたのだが、来年の8月まであるのが意外だった。程度のいい奴を1台、なんて気持ちが…(笑)。でも、Distagon T* 2/28 ZF買うのでお金が…(笑)。

New FM2についても書いて欲しかったなぁ。たぶん2011年頃だと思うのだが、これは私の予想なので、詳細はニコンカスタマーサポートセンターに問い合わせてくだされ。

【関連追記:2011年10月27日】
ニコン、フィルムカメラおよび交換レンズ一部機種の修理対応期間を延長の快挙 ― 2010年07月22日
【関連追記ここまで】


写真は記事とは関係ない。
どんぐり:GR DIGITAL、28mm相当、1/133sec、F3.5、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索