Katz Eye Optic ファインダースクリーン(デジカメアイテム丼)2007年06月15日 00時00分00秒

デジカメWATCHのデジカメアイテム丼にKatz Eye Optic ファインダースクリーン ~温故知新。デジイチにスプリットマイクロスクリーンを入れてみるが掲載されている。

独Carl ZeissのZFレンズサイトにフォーカシングスクリーンの情報が追加された(2007年05月28日)で紹介したサードパーティ製のフォーカシングスクリーンを丸橋馨氏が使われた報告だ。これはありがたい。

筆者は趣味の撮影ではMFの機械式一眼レフも使う。デジタル一眼レフはおもしろく使っているけれど、MFのフィルム一眼レフのスクリーンをのぞくたびにため息が出ることが多い。ああ、画像が大きく明るくよく見えるなあ。ピントが合わせやすいなあ、と。そうなのだ。APS-Cサイズセンサー機の小さいファインダーでは、目の悪い筆者にはピントがよくわからないことが多いのだ。

これは決して、撮像素子はフルサイズがいいとか、ファインダーはガラスプリズムじゃなきゃ嫌だという話ではないし、ファインダー視野率や倍率の問題だけでもない。スクリーンを明るくすればするほど、ピントが合わせにくくなるという事実も百も承知だ。それでもなお言いたいのは、最近のマットのスクリーンは確かに明るいけれど、このスクリーンのサイズではピントのヤマがつかみにくいということ。各社開発者のみなさん、コストを削れという上層部の圧力に屈せずカメラ部の改良もがんばってくださいな。

いや、本当に仰るとおりだ。

ただ、このリポートで気になるのは、スプリット部の話ばかりのようで、マット面でのピント合わせはどうなのかがわからないこと。私はマイクロプリズムやスプリットも使うが、一眼レフの基本はマット面でピントのヤマが分かることだと思っているので、スプリットプリズムが使えるだけだとフォーカスエイドとあんまり変わらないような気がする(フォーカスエイドには若干のタイムラグがあるので厳密には違うが)。

また、スクリーンを変えることによってボディ内蔵メーターの指示値の違いや自動露出(AE)がどうなるのかもリポートして欲しかった。スプリットが使えると快適だというのは、使わなくても想像できるので。そういう意味でこのリポートは続編を期待したい、というか肝心な点が抜けているように思う。


ファインダーつながりでもう一つ。デジタル一眼レフの中でもファインダーがいいカメラだと私が思っているPENTAX K10Dが、カメラグランプリ受賞を記念して記念モデルを発売するらしい。
ペンタックス、K10Dのカメラグランプリ受賞記念モデル(デジカメWATCH)
記念モデルというもの自体にはあまり興味はないのだが、「14日現在、K10Dの実勢価格は13万円台、バッテリーグリップ「D-BG2」の標準価格は2万4,150円。」であるところ、記念モデルは「ラバー部分を限定カラーのダークブラウンにしたK10Dとバッテリーグリップ、専用ストラップをセットにしたもの」で「店頭予想価格は14万円前後の見込み」だという。なんかお得感があるじゃないですかぁ。なんとなく背中押されるじゃないですかぁ。ニコンはこのところワクワクする発表がないじゃないですかぁ。危険だ(笑)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索