コシナフォクトレンダーがどんどん生産終了に2007年04月17日 00時00分00秒

すきまに指を入れないで下さい:GR DIGITAL、28mm相当、1/42秒、F2.4開放、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

コシナがフォクトレンダーブランドで出していたレンズがどんどん生産終了になっている。うかつにもいつ告知されたのか分からなかったのだが、以下のレンズ、アクセサリーが生産終了になっている。
生産終了のお知らせ(コシナ)

  • COLOR-SKOPAR 28mm F3.5
  • ULTRON 35mm F1.7 Aspherical
  • SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 SL Aspherical
  • APO-LANTHAR 90mm F3.5 SL Close Focus
  • APO-LANTHAR 180mm F4 SL Close Focus
  • F→L ADAPTER RING
  • SHOE BASE
  • SHOE ADAPTER
  • HOOD LH-75
  • STRAP ADAPTER
  • BOTTOM GRIP-A
  • BOTTOM GRIP-B

COLOR-SKOPAR 28mm F3.5やULTRON 35mm F1.7 Asphericalなんて将来ライカマウント方面に進んだ際には買おうと思ってたレンズなのに。もうCarl Zeissに集中するということなのだろうか。Carl Zeissは高性能だが、フォクトレンダーの安くてコンパクトで高性能というのとはまた違う。パンケーキの28mm F3.5なんてCarl Zeissから出そうにもない。はぁ…。

しかし、コシナのサイトは相変わらず出来が悪い。TOPページの告知は画像で書かれているので、検索やサイト更新監視に掛からない。その画像にはalt属性が書かれていないし。しかも生産終了の告知アドレスは、以前はhttp://www.cosina.co.jp/seihin/voigt/seizo-chushi.htmlだったのに、それは残したまままた別のhttp://www.cosina.co.jp/seihin/voigt/s-shuryo.htmlに生産終了を書く。新製品の情報も雑誌の情報から相当遅れている。とことん駄目サイトだ。まずは、画像で文章を書くのを改めて、テキストで書いて欲しい。

【関連】
フォクトレンダー マクロアポランター125mm F2.5SLなどついに生産終了(2007年03月09日)


写真は記事とは関係ない。
すきまに指を入れないで下さい(JR東日本):GR DIGITAL、28mm相当、1/42秒、F2.4開放、ISO64、-0.3EV、プログラムAE

「すきまに指を入れないで下さい」とは変な表示だ。閉まっているドアのゴムの部分を走行中に手持無沙汰でほじほじするのをやめてくれと言っているみたいだ(もっと別の変な気持ちになる人もいるかもしれない-爆)。でも英語の表記を見ると、"Please keep fingers away from closing doors."なので、「閉まるドアに指を挟まないようにご注意ください」の意味のようだ。関西ならかつては「ゆびつめちゅうい」だったのだが(笑)。1/42秒なのだが、ぶれた写真ですまん。

コメント

_ MANA ― 2007年04月17日 21時37分51秒

R2Aが欲しいと思いつつ、R4Aのファインダーを見てからと思いつつ、仕事で使うデジタルに金をつぎ込んでいる私。軍資金が…。

確かにZEISSなレンズは非常に魅力ですが、フォクトレンダーな手軽なレンズも捨てがたいですよね。
コシナのこの辺のレンズは、本当に生産期間が短い感じですから、新品で欲しいなら、サッサと確保しなければならないのでしょうね。
金があれば、幾らでも確保するのですが…

28mmF3.5は気にしていなかったのですが、改めてコシナのページの宣伝文句を見ると、欲しくなりますね(^^;;

_ Haniwa ― 2007年04月17日 22時28分08秒

MANA様
28mm F3.5はドラマチックに周辺の落ちるレンズみたいですが、ひとつ持っていたいレンズです。コシナはCOLOR SKOPAR 21mm F4PやCOLOR SKOPAR 25mm F4Pを発売するのに、なぜCOLOR-SKOPAR 28mm F3.5を生産終了するのでしょうね。新しい28mmパンケーキが出るのでしょうか。

BESSA R4A、R4Mってもう発売されてるんでしたっけ。どこかでファインダーを覗いてみなくては。個人的には28mmからのファインダーがいいのですが、コシナのは丁度28mmが飛んでるんですよねぇ。

_ MANA ― 2007年04月18日 21時30分36秒

Haniwa様

嗚呼、周辺光量落ち。なんて甘美な響きなのでしょう。かなり魅力的なレンズですね。

当初の発売予定が正しいのなら、R4A、R4Mは、発売されているはずなのですが、なんかそんな話題をみないですね。
もっとも、年度初めで忙しすぎてWEBをあまり見ていないというのもあるかもしれませんが。

そうなんです。最近、35mmの方が撮りやすいのではと思うのですが、やっぱり、28mmなんですよね。そう考えるとR2Aでは役不足。
かといって、ZEISS IKONは何となく、購買意欲がわかないし。
そうなると21mmも28mmも35mmも使えるR4Aがご機嫌だと思います。
ただ、ピントが合わせずらそうなのと、50mmは使いづらそうなのが、購入をためらわせます。

そんなわけで、
Bessa T + 21mm (もちろん、広角であることを考えれば、Bessa Lでも良いのですが、それはそれ、他の楽しみのためにもTで。)
Bessa R2A + 35mm + 75mmくらい
みたいなパターンで持ち歩くのが良いのかと思ったりもして、妄想はふくらむばかりです。

_ りー ― 2007年04月19日 08時54分05秒

実は私も最近になってR2AとR2Mを初めて触って、そのグリップ感の良さとファインダーのキレとピントの合わせやすさにビックリしました。ライカに劣るのはレリーズや巻上げの感触とシャッターの音とショックくらいですね。R2Mと35/1.7だけで散歩するのも良いななんて妄想しました。がしかし、35/1.7は生産中止なんですね。

_ Haniwa ― 2007年04月19日 08時59分24秒

MANA様
R4A、R4M、ヨドバシに展示されていないか帰りにでも覗いてみます。

そうなんです。レンジファインダーの28mmからのファインダーって丁度いい感じだと思うのです。90mmや135mmは個人的にあまり使わないので、28、35、50mmが快適に使えればいいのです。24mm以下は超広角ということで「特殊レンズ」だと思って、外部ファインダーでもいいと思うのです。

>かといって、ZEISS IKONは何となく、購買意欲がわかないし。
そうなんですよね。私も自分でも分からないのですが、なぜかZEISS IKONはいつかは買うぞという気持ちにならないです。BessaやHexar RFやLeicaはいつか買いたいという気持ちがあるのですが。

Bessa T + 21mm、いいですね。超広角でもピントはきちんと合わせるぞ!みたいな(笑)。

Bessaで28mmからのボディがでればCOLOR-SKOPAR 28mm F3.5と合わせて買いたいと思うのですが。とにかくR4A,R4Mのファインダーを覗いてみなくては。

_ Haniwa ― 2007年04月19日 09時02分56秒

りー様
ベッサ、撮影する上では極上のカメラですよね。ULTRON 35mm F1.7 Asphericalっていいレンズなのになんで生産終了なんでしょうね。Biogon T* 2/35 ZMの売れ行きにかかわるからでしょうか(笑)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索