ニコンの35mmフルサイズデジタル一眼レフカメラ登場は近いのか2007年02月01日 00時00分00秒

以前から、ニコンのAPS-Cサイズの撮像素子(DXフォーマット)を持つデジタル一眼レフカメラにはなにか躊躇するものがあるといい続けてきた。それは、DXフォーマットでの広角単焦点レンズのラインナップの少なさや、ファインダー像の大きさやピントのヤマの見え難さなどが主な理由だった。だから、DXフォーマット用の広角単焦点レンズを出さないのなら、従来の35mmフィルム時代からある広角レンズがそのままの画角で使える、35mmフルサイズのデジタル一眼レフを出して欲しいと思ってきたのだ。

コメント欄でちらほら書いてきたが、このところ、メカライターを兼ねる写真家の方々が急に35mmフルサイズを語り始めた。例えば、今月号(2007年2月号)のアサヒカメラの「『大胆予想』2007年のカメラはこうなる!?」という座談会ではニコンに関してはほとんどがフルサイズの話題だ。

―最後に今年出てくるカメラへの期待を教えてください。
山田 ペンタックス、オリンパス、ソニーはレンズのラインアップがそろってないので、なんとかしてほしいですね。個人的には、フルサイズ派なので、ニコンから出てくると選択肢が増えてうれしいな。
赤城 フルサイズはわかりやすくていいですよね。ニコンもキヤノンもシンクロ接点がついていてゴミがつかなくて、もう少し軽いやつが出てくれば仕事がラクになる。
河田 繰り返しになりますが、EVFでコンパクトなのが出てくると、新しい時代って感じでいいですよね。
桃井 表の意見としては私も河田さんと同じだけど、本音はやっぱりフルサイズですね。慣れてるから仕事で使うのに助かります。
山田 ニコンのフルサイズの期待が高いね。じゃあ、名前はD3ではなくF7ってのはどう?
赤城 そうなるとF6使っている俺としてはつらい。(笑)
(アサヒカメラ2007年2月号209頁)
「山田」は山田久美夫氏、「赤城」は赤城耕一氏、「河田」は河田一規氏、「桃井」は桃井一至氏

また、日本カメラ誌でテストリポートを担当されている写真家の那和秀峻氏もホームページでたびたびフルサイズに言及されている。

 以前からの私の持論であるが、デジタル一眼レフのハイエンド機種は35ミリフルサイズであるべきだと思う。それは実焦点距離がそのまま使えるというメリットと、ファインダーが無理をしなくても広く大きく見やすいということだ。さらに付け加えれば、画素数を高めるにはやはりもともとの撮像素子が大きいほうが画素ピッチも大きくなり、いろいろな意味で有利だからである。
徒然なるままに(2007年1月31日の項)
参考リンク:徒然なるままに(最新ページ)

アサヒカメラの座談会にも登場する山田久美夫氏は、デジカメWATCHでもニコンのフルサイズ機の必要性に言及されている。

■ フルサイズニコンはあるのか?

──ニコンもオリンピックに向けてハイエンド機種の更新が予想されています。

 ええ、ニコンは35mm判フルサイズのボディを出さなきゃいけないでしょう。発表会のたびにニコンの人は「35mmサイズのデジタルカメラをやらないとは言わない。まずはDX(APS-Cサイズ)をひととおりやって、次のステップでより大きなセンサーを」と言っています。D40、D80、D200、D2Xsと、各クラスが第2世代に進化したので、そろそろ次のステップに進んでもいいんじゃないでしょうか。
【インタビュー】山田久美夫が占う2007年のデジタルカメラ(後編)

おそらく、ニコンから35mmフルサイズのデジタル一眼レフの発表が近いのだろう。楽しみになってきた。ただ、APS-Cサイズのデジタル一眼レフも継続するつもりなら、是非AF-S DX Nikkor 18mm F3.5Gといった薄型の広角レンズも用意して欲しい。まあ、私が買えるような値段のフルサイズ機は今年中には出ないだろうが(爆)。

【追記:2007年8月23日】
ニコン、ついに35mmフルサイズデジタル一眼レフ「Nikon D3」発表か! ― 2007年08月23日
【追記ここまで】

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)