ニコンMF党員に告ぐ―活動ファイルNo.6 ニコンF3を入手せよ!2006年12月14日 00時00分00秒

Nikon F3 + Ai Nikkor 45mm F2.8P

アサヒカメラの携帯向けサイトでの次号(2007年1月号)予告に、「ニコンMF党員に告ぐ―活動ファイルNo.6 ニコンF3を入手せよ!赤城耕一」というのがあった。

「隊長!入手しますた!(`_´ )ゞ」と調子に乗りたいところだが、昨日のコダクローム国内販売中止・国内現像中止の発表で非常に落ち込んでいる。欲しいデジタル一眼レフがないし、中古のMFレンズも品薄なので、安くなったAFフィルムカメラでも買おうかとニコンF5が気になったりしていたのだが、一気に覚めてしまった。

ネガフィルムのC-41現像やリバーサルフィルム(ポジフィルム)のE-6現像が各社共通なのと違って、コダクロームのK-14現像はコダクロームだけなので、いくらフィルムを買いだめしても現像できなければ、ただの不透明なポリエステルテープにすぎない。別にコダクロームだけがフィルムじゃないのだが、特に保存性を買ってフィルムに拘って来ていたので、何かもうがっかりした。まあまだ海外では販売と現像は継続しているのだけれども。

コダック日本法人は店じまいの準備を始めているのではあるまいか。せっかく買収したチノンを母体としたデジカメ部門を売却したりしているし。かつてコニカミノルタが着々とフィルムとカメラから撤退する準備をしていたように。

そうだ、アサヒカメラの次号予告の話題なのであった。鬱なのでつい…。すまん。しかし、このタイミングでフィルムカメラを買う気にはならん…。

ああ、19日に岩合さんの猫カレンダーで和もう。

コダクローム64(KR)を購入2006年12月18日 00時00分00秒

Kodak Kodachrome 200 (KL),Kodachrome 64 Professional (PKR) and Kodachrome 64 (KR)

コダクローム64(KR)とコダクローム64プロ(PKR)が国内販売中止になると言うので、KRを買い増しした。

ヨドバシ某店に行くと、PKRはエマルジョンナンバー(乳剤番号)1541のものしかなかった。このところPKRの方は3000番台の乳剤番号だったので、「おや?」と思った。KRも同じく乳剤番号1541だったし、PKRの方は期限が2007年12月でKRの方は2008年2月だったので、久しぶりにKRの方を買った。2007年12月21日以降は、有効期限の切れたコダクロームはアメリカに取り次いでもらえないということなので、少しでも長く使えるほうがいいという判断だ。※【修正:2007年4月18日】2007年12月21日以降は国内販売したコダクロームの有効期限内しかアメリカに現像取次ぎをしてくれないということだ。【修正ここまで】もう、KRの緑被りがどうのと言っている場合ではない(笑)。実は、同じ乳剤番号ならば、安いKRの方を買おうという判断だったりする(笑)。
【追記:2007年4月18日】※最初有効期限内のフィルムしか取り次いでもらえないと思っていたのだが、匿名様のご指摘どおりパトローネには期限が書かれていないので、「販売した有効期限内までは取り次ぐ」という意味だった。この点は2006年12月中に気付いていて、修正した気持ちになっていたのだが、修正していなかった。どこかに書いた記憶があるのだが。どこだろう?【追記ここまで】

註1:コダクロームは、現行唯一の外式リバーサルフィルムで、現像はK-14という特別の方式だ。コダクロームの現像ができるところは、アメリカとスイスと日本の3箇所しかないなかった(スイスの現像所は2006年9月でコダクロームの現像をやめたらしい、田中長徳氏の日記によると2006年12月まで映画用のコダクロームの現像はやるらしい。写真用のコダクロームの現像がスイスでどうなっているのか正確にわからないが、終了確実のようだ)。その日本での現像をやっている堀内カラーが2007年12月20日受付分で、コダクロームの現像をやめるということなのだ。

註2:KRとPKRは基本的に同一のフィルムだそうで、PKRの方が比較的色の傾向が安定している。同一の生産工程の中からいいものを選んでPKRにしているのか、何か工程が違うのか、生産後の管理が違うのかは私は知らないのだが。

国内販売中止も痛いが、アメリカの現像所への取次ぎが2007年12月21日以降は「国内販売分で有効期限内」というほうがもっと痛い。去年の末に国内販売中止となったコダクローム200(KL)を買いだめした時は、有効期限が切れても、外式のコダクロームは内式に比べて大丈夫というつもりで買っていたからだ(言うほどたくさん買い込んでないのだが)。

註3:コダクロームは、外式で、現像時に色素を現像液の中から付着させるので、最初から色素をフィルム自体が持っている内式に比べて、期限切れに強いとされる。

現在の国内在庫がなくなるまでの間に、2007年12月21日以降の有効期限切れ【修正:2007年4月18日】販売した有効期限以降も【追記ここまで】コダクロームの取次ぎをするという会社が名乗りを上げてくれないものか。あるいは、アメリカでコダクロームの現像をやっているDwayne's社が、簡単にコダクロームの現像を申し込めるようなWeb受付フォームみたいなのを作ってはくれないだろうか。

もっとも、アメリカのDwayne's社もいつまでK-14現像をやってくれるかわからないから、取次ぎをする会社が出てきても不安は不安なのだが。またDwayne's社に自分で直接出すにしても、通関の際のX線照射も不安なのだが。

仕方ない。手持ちのコダクロームストックをせっせと1年で使い果たすしかない。ああ、もったいない。ちびちびと10年くらい掛けてKLを消費する計画だったのに(笑)。KRやPKRも含めてあと1年で使い切るしかない。【追記:2007年4月18日】少なくとも手持ちのコダクロームの有効期限である2008年6月頃までは国内でアメリカへ現像取次ぎをしてくれるということだが、それ以降はどうなるか分からないので、手持ちのコダクロームのストックは2008年6月ごろまでに使い切るつもりであることに変わりはない。【追記ここまで】

【関連】
コダクローム64・コダクローム64プロ、ついに国内販売終了(2006年12月13日)
写真工業2006年8月号「コダクロームに寄せる思い」(2006年07月21日)
コダクローム64プロ(PKR)で桜(2006年04月06日)
コダック コダクローム200フィルムが国内販売中止(2005年12月21日)

【関連追記:2007年4月18日】
さよなら、僕のコダクローム(日経BP)(追記あり)(2007年02月16日)
New FM2シルバー + Ai Nikkor 50mm F1.4Sの青年(2007年03月02日)
1年寝かせたコダクローム200(KL)はニュートラルだったが変なものが…(2007年03月15日)

【関連追記:2007年11月22日】
コダクローム64・コダクローム64プロ、ついに国内販売終了 ― 2006年12月13日
コダック、再度コダクロームフィルムの国内処理終了を告知 ― 2007年11月01日
コダクローム、現像受付明日11月5日から再開 ― 2007年11月04日
Kodachrome 海外現像は3507円で納期2~3週間 ― 2007年11月22日

富士のリアラエースをコダックのアナログプリントに出してみた2006年12月19日 00時00分00秒

FUJI REALA ACE 100 Films

コニカミノルタが純正処理をやめてから、コニカミノルタのフィルムはコダックのアナログプリントを利用していた。たまに富士のネガを使う場合は富士の純正処理を利用していたのだが、富士は黙って出すと当然デジタルプリントされてくる。コダックの場合アナログ処理指定をしてもデジタルプリントと同じ日数で返ってくるが、富士の場合アナログ指定は1日余分に掛かる。そこで、リアラエース(REALA ACE)100フィルムをコダックのアナログ指定同時プリントに出してみた。

結果は、ペーパーやプリンタの設定が違うとこうも違うのかというぐらい違う。まず色なのだが、リアラエースを富士に出すとやや色乗りの浅い透明感のある感じでかつ若干黄緑っぽくプリントされてくる。プリントをみてすぐにリアラエースだとわかる。

ところが、コダックに出すと、アンバーがかったいかにもコダックという色で返ってくる(当たり前か-笑)。コニカミノルタの場合は、撤退前からコダックに純正処理を委託していたので、コダックにコニカミノルタフィルムを出しても以前と変わらないマゼンタ寄りのプリントが返ってくるのだが、富士のフィルムの場合はそうはいかないようだ。

まあ、色の傾向はネガなのであれこれ言っても仕方ない部分がある。しかし、気になるのは、リアラエースなのにコダックのアナログプリントに出すと解像感がないのである。ISO100の微粒子フィルムで撮っているのに、なんかISO400のフィルムをプリントしたような感じ。富士の処理に比べてプリントに透明感がないことが影響しているのかもしれない。コニカミノルタのISO400フィルムをコダックに出した場合にはそういうことはないのだが。

たかが同時プリントでもこんなに違うようだ。やっぱりリアラエースは1日余分に掛かっても富士の純正アナログプリントに出そう。

GR DIGITALスペシャルカレンダー(追記あり)2006年12月19日 11時10分00秒

GR DIGITALスペシャルカレンダーを先着1000名にプレゼントと言うので楽しみにしていたが、

2006年12月19日(火) AM11:00~ ※応募が1,000名に達した時点で終了となります。

というのはやめようよ。期間を決めてその間に申し込んだ人から抽選にすればいいじゃない。これはサーバーの負荷試験なのか。

11時から10分ほどやったが、「メンテナンス中」だの「指定されたページは存在しません」が出てなかなか前へ進めない。やっと入力確認画面に来たと思って「登録」を押したら、「登録が複数回押されました。1回だけ押してください」というのが出たきり、以後は「指定されたページは存在しません」が出るだけ。アホらしくなってやめた。だいたい平日の昼間にこんなことさせんなよ。乗せられた私が馬鹿でした。

罠にまんまとはまってしまった(笑)。

GR BLOGはBLOGを使った広告戦略として成功した例だが、今回のカレンダーの方法はいただけない。

【追記:2006年12月20日】
http://www.ricoh.co.jp/dc/gr/calendar/

【お詫び】
12月19日(火)11時30分頃から12時15分頃まで、サーバー不調のため、応募フォームへリンクができない状態となっておりました。 大変ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

そうなることは最初から分かっていたはず。ふざけるな。もうGR BLOGなんか見ないからな(笑…っているかどうか不明)。

応募が1,000名様に達しましたので、12月19日(火) 21:00に応募を締め切らせていただきました。
多数のご応募、ありがとうございました。

そんなに遅くにまで定数に達しなかったのか。ますます不快だ(もう笑ってません)。

【追記:2006年12月28日】
カレンダーが届いた。登録が完了していたらしい。
なぜかGR DIGITALカレンダーが届いた―こんどこそよいお年を!(2006年12月28日)

アサヒカメラ2007年1月号から(その1)-岩合光昭カレンダー2006年12月20日 00時00分00秒

昨日発売のアサヒカメラ2007年1月号から気になったものをいくつかシリーズで(続くのか?-笑)。

特別付録 岩合光昭カレンダー「猫にまた旅2007」
これ目当てでアサカメ買う人もいるぐらい人気のカレンダー。しかし気になったのはこれまでずっとスポンサーだった富士フイルムが降りて、オリンパスになったこと。別にどこの会社がスポンサーでもいいのだが、今年決定的に違うことは、写真の下に撮影データがなくなったこと。

いままでは、写真の下に、「ライカ R6.2 エルマリートR28ミリF2.8 絞りF11・125分の1秒・ベルビア100F」などと書かれていたのが、今年からなくなったのだ。おそらく、今年のカレンダー写真もR型ライカと富士のフィルムで撮られているのだろうが、銀塩から撤退したデジタルカメラメーカーのオリンパスがスポンサーになったから撮影データを載せられなくなったのだろう。

なお、アサヒカメラ2007年1月号本誌の「岩合光昭 猫を撮る」の記事の方には、「ライカR9・プロビア100F(共通)・エルマリートR28ミリF2.8・絞りf5.6半・1/125秒」などと書かれている。

カレンダーの最後に「オリンパスE-システムへの期待」という提灯記事が載っているが、そこには「オリンパスE-1・50~200ミリF2.8~3.5云々」と書いてあるので、なおさら各月の写真に載っていないのが不自然だ。来年からはオリンパスの機材で撮った写真が各月の写真になるのだろうか。オリンパスには何の恨みもないのだが(笑)、また富士フイルムのスポンサー復活を期待したい。

アサヒカメラ2007年1月号から(その2)-ニコンF3を入手せよ!2006年12月21日 00時00分00秒

銀塩カメラ至上主義! 赤城耕一著(平凡社)

今日も引き続き、アサヒカメラ2007年1月号から気になる記事を。

ニコンMF党員に告ぐ-活動ファイルNo.6 ニコンF3を入手せよ!
これみていると、もう一台F3が欲しくなってしまう。

おや、なんだか元気のない人もいらっしゃるみたいですね。どうしたのですか?なに?
「面白くない」ですって?

あんなに欲しかったデジタル一眼レフが手元にあるんですよ。使わないともったいないじゃないですか。
「ヨロコビがない」

いまさら何を言うのですか。あなた自身の判断ですよ。

これは困りましたね。でも、私はあなたが元気を取り戻す方法を知っています。

そうです。自分でもおわかりですよね?下取りに出したニコンF3をまた買えばいいんですよ!

なんだか、文体が赤城耕一氏らしくないが(笑)、なかなか優秀な中古カメラ屋さんである(違)。

各所に赤城氏のウィットに富んだ記述があり、F3の情報以外にも楽しい。 たとえば、「ファインダースクリーン各種」の項では、

しかし、私は撮影内容によってスクリーンを交換していたプロ写真家をひとりとして知らない。 3枚以上これを持っている人はかなりキケンな領域に踏み込んでいると自覚すべきである。

ギクッ!さ、3枚以上ですか。いや、たしかにK型とB型とE型とP型とJ型ぐらしか使ったことないですぅ。うう、これだけで5枚になってしまう。 ほ、ほかにもH2型と言うロケットみたいな名前のとか、コンタックスみたいな名前のG2型とか、M型とかD型とかU型とかC型とか何に使うのか忘れてしまったようなのがなぜかあるなぁ。 き、キケンな領域ですか。じ、痔核じゃなかった自覚がなかったですぅ。


写真は、今朝の朝刊に出ていた、写真家・赤城耕一氏の新著「銀塩カメラ至上主義!」(平凡社)の広告。

コシナ「Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF」 交換レンズ実写ギャラリー(デジカメWATCH)2006年12月22日 00時00分00秒

今日は更新なしと言っていたのだが、簡単に更新します(笑)。

デジカメWATCHでニコンFマウントのマニュアルフォーカスレンズ、Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZFの実写ギャラリーが公開されている。
コシナ「Carl Zeiss Distagon T* 2/35 ZF」 交換レンズ実写ギャラリー(デジカメWATCH)

このレンズは35mmフィルムのイメージサークルを持つので、APS-CサイズのD200だけでなく、135フィルムでも実写リポートして欲しかった。と言っても、デジカメWATCHだから仕方ないか(笑)。

しかし、

ファインダー倍率が高いD2XやD200なら、フィルムカメラのコンタックスよりもピントを合わせやすいことだろう。

って、それは言いすぎじゃないか(笑)。京セラコンタックスの一眼レフはあまり触ったことが無いが、D200よりも悪かったという印象はないのだが。

今月号のアサヒカメラには、ニコンMF党のF3特集にDistagon T* 2.8/25 ZFの作例があっただけで、ZF新レンズの記事は無かった。各カメラ雑誌の方で、「フルサイズ」のリポートを期待したい。できれば、Ai Nikkor 35mm F2SとAi AF Nikkor 35mm F2Dとの比較もお願いね(はあと)。

アサヒカメラ2007年1月号から(その3)-私の愛用カメラ、仕事カメラ2006年12月25日 00時00分00秒

またまたアサヒカメラ2007年1月号ネタ(笑)。今回は、「私の愛用カメラ・仕事カメラ」という特集に関して。

この特集で驚いたのは、水中写真で有名な、写真家・中村征夫氏が、

仕事では95%がフィルムで、デジタルは新聞など依頼されたとき以外は使ってないですね。

と仰っていることだ。

水中で写真を撮る場合、フィルムだと36枚でフィルムを交換しなければならないが、水中でフィルム交換はできないので、電池や記録メディアの続く限り撮り続けられるデジタルカメラの方が優位である。だから、水中写真の第一人者はもうみんなデジタルカメラなのかと思っていた。中村征夫氏は、ニコノスRSとニコノスV、ニコンF100にシグマの24mm F1.8、ニコンF4に60ミリや105ミリのマイクロニッコールを愛用されているようだ。

また、写真家・土田ヒロミ氏も、

ぼくの場合は、仕事でデジタルの撮影を求められるということは少なく、フィルム8に対してデジタル2くらいの割合です。大勢のスタッフで撮影済みフィルムからカットを選ぶ作業は、フィルムが便利です。

と仰る。

また、写真家・北井一夫氏に至っては、

ぼくは、全部の仕事をライカで撮っています。(中略)ぼくがデジタルを使わないのは、「反骨」なんだよね。

しかも、レンズがElmar 50mm F3.5やElmar 35mm F3.5だ。すご過ぎる。

コダクロームが国内販売終了と1年後の国内現像終了で、気分が落ち込んでいたが、なんかちょっとやる気が出てきた。コダクロームを入れっぱなしにするためにもう一台フィルムカメラが欲しくなってきた(←単なる物欲の言い訳-笑)。

GR DIGITALファームウェアVer.2.20不具合の噂2006年12月26日 00時00分00秒

Ricoh GR DIGITAL and Viewfinder GV-1

2006年11月22日にリリースされた、GR DIGITALのカメラファームウェアVer.2.20に、マクロ時のピントが合わないことがあってそれはファームウェアに起因するという噂がある。ネット上では、リコーのサービスで不具合を確認していて、修正のファームウェアが近々出るとか、応急の対策として前のバージョンの2.10に書き戻すといった情報が流れている。

いずれもリコーの公式のアナウンスではないため、ここではあえてソースを明らかにしないが、たしかに、手元のVer.2.20のGR DIGITALでもピンボケがときどきある。それもVer.2.20にしてからだ。

ただ、巷で言われている不具合は、マクロ時にピンボケということなのだが、私のGR DIGITALの場合は、マクロモードのときはピンボケになったことがない。マクロモード時のマクロ域では極めて正確にピントが来る。ピンボケになるのは、ハイブリッドAF(パッシブ式とアクティブ式併用のオートフォーカス)のときで、ピントを合わせたい被写体(距離1~2m)の手前に何もないのに、画面全体が前ピンになっていて、画面内すべてに(背景の遠距離も)ピントが合っていないというものだ。いつもそうという訳ではなく、ときどきなる。そういうときでも、マクロモードにすると、ピントは合う。要するに、アクティブ式の測距がときどき非常に手前だと誤認するようだ(1~2mの距離が被写界深度に入らないのだから相当近距離にピントが来ていることになる)。マクロモードは、近接撮影ができるだけでなく、パッシブ式のオートフォーカスのみになるので、アクティブ式の誤測距の影響を受けない。

ただ、私の場合、ファームウェアをVer.2.10から2.20にするときに、間違って一回2.02にしてから2.20にしているので、それが関係しているかもしれない。自己責任で2.10に戻して様子をみているところだ。Ver.2.10でも2.20ほどではないが、まれに前ピンになるので、年明けにでもリコーに持って行った方がいいかもしれない。ファームウェアではなく、私の個体だけの、アクティブ式の測距に関係したハードウェアの故障かもしれないからだ。

こういう広角レンズでしかも撮像素子が小さいカメラで、背景がボケるというのはそうあることではないのに、Ver.2.20にしてからどうも背景がボケた画像が多いと思っていた。そしてそういう画像は、昼間の屋外ではあまり起こらないのである。屋外では絞り込まれているからかと思っていたが、このカメラは屋外でプログラムオートでもそんなに絞り込まれないので辻褄が合わない。蛍光灯のフリッカーの影響でピンボケになるという情報もある。

また、内蔵フラッシュで露出オーバーになって白飛びするという不具合も巷ではこのファームウェアのせいだといわれている。しかし、内蔵フラッシュで露出に失敗するのは、以前のファームウェアからあって、近接時に内蔵フラッシュ発光5回に1回ぐらいは主要被写体真っ白けの写真を量産している。被写体の距離が揃っている時はこういう失敗は少ない(当たり前か)。これはそういうカメラだと思っていたので(笑)、今回のVer.2.20ファームウェアのせいなのかはわからない。ニコンのスピードライトSB-30で外部自動調光したほうが失敗が少ない。

なお、この件に関しては、リコーの公式アナウンスはまだないため、ピンボケが気になる方は、勝手にファームウェアを2.10にするのではなく、リコーのサービス機関に相談されることをお勧めする。この記事をご覧になってファームウェアを以前のバージョンに戻されても私は責任を負えないので念のため。

前回、カレンダーの不公平な配布方法について頭に来て(苦笑)、もうGR BLOGは見ない宣言をしたので、この記事をリコー公式GR BLOGにトラックバックしようかどうか迷った。しかし、この件はGR DIGITALを使う上で改善してもらわないと困るので、トラックバックすることにした。

【追記:2006年12月27日】
GR DIGITAL用ファームウェア Ver.2.21がリリースされた。
ソフトウェアダウンロード > GR DIGITAL
tatsukiku様情報ありがとうございました

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索