FILM&IMAGE VOL.6が届いた2006年12月27日 00時00分00秒

フィルム&イメージ VOL.6 (06-07Winter 冬)

富士フイルムの定期購読冊子「フィルム&イメージ」の第6号が届いた。今回は表紙が福山雅治だ。

巻頭は、「瀬尾浩司の旅」。内田ユキオ氏の「モノクローム珠玉の名作選6」はエリオット・アーウィット。

FILMIST列伝2は「林義勝さんとベルビア100F」。ベルビア系の派手なフィルムはどうも縁がなくて、1回使ったことがあるぐらいだ。こういうフィルムが映えるようなところへあまり行かないからかもしれない。誰か南の島に連れて行ってくれ(笑)。

ネオクラシックなカメラの楽しみ方3はCONTAX RTS II だ。このポルシェデザインのカメラはカッコイイ。なぜか私の頭の中には、一眼レフのペンタ部はCONTAX RTS系列のように平らがカッコイイと刷り込まれている(笑)。手持ちのNikon F-501やNikon F3も実はペンタ部が平らなのであった。そういう意味では、Nikon EMもデザインが好きだ。ただし、Nikon Fは別。これは、尖がっているペンタ部がいいのだ。一貫していないのであった(爆)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)