アサヒカメラ2007年1月号から(その1)-岩合光昭カレンダー2006年12月20日 00時00分00秒

昨日発売のアサヒカメラ2007年1月号から気になったものをいくつかシリーズで(続くのか?-笑)。

特別付録 岩合光昭カレンダー「猫にまた旅2007」
これ目当てでアサカメ買う人もいるぐらい人気のカレンダー。しかし気になったのはこれまでずっとスポンサーだった富士フイルムが降りて、オリンパスになったこと。別にどこの会社がスポンサーでもいいのだが、今年決定的に違うことは、写真の下に撮影データがなくなったこと。

いままでは、写真の下に、「ライカ R6.2 エルマリートR28ミリF2.8 絞りF11・125分の1秒・ベルビア100F」などと書かれていたのが、今年からなくなったのだ。おそらく、今年のカレンダー写真もR型ライカと富士のフィルムで撮られているのだろうが、銀塩から撤退したデジタルカメラメーカーのオリンパスがスポンサーになったから撮影データを載せられなくなったのだろう。

なお、アサヒカメラ2007年1月号本誌の「岩合光昭 猫を撮る」の記事の方には、「ライカR9・プロビア100F(共通)・エルマリートR28ミリF2.8・絞りf5.6半・1/125秒」などと書かれている。

カレンダーの最後に「オリンパスE-システムへの期待」という提灯記事が載っているが、そこには「オリンパスE-1・50~200ミリF2.8~3.5云々」と書いてあるので、なおさら各月の写真に載っていないのが不自然だ。来年からはオリンパスの機材で撮った写真が各月の写真になるのだろうか。オリンパスには何の恨みもないのだが(笑)、また富士フイルムのスポンサー復活を期待したい。

コメント

_ りー ― 2006年12月20日 09時50分13秒

うちのトイレは毎年この岩合さんカレンダーです。そうですか。撮影データがなくなりましたか。「ライカのRか。28mmでここまで寄るのか」とか考えるのが楽しかったのに。

岩合氏はオリンパスのデジタルは初期からよく使ってるらしく、そういう発言をしてますよね。テレビCMにも出ていて、なんか何処かの草原で若いタレント?と腹ばいになって動物を撮っていて、「一眼レフっていいでしょ?」なんてセリフを言ってます。

フィルムもデジタルも軽々と乗り越えていくようなパワフルさと身軽さが氏の身上だと思います。むしろデジタルで撮ったカレンダーも見たい気がしますね。でもアサヒカメラでいうと「青の一枚」(でしたっけ?)のような、ライカのRという決して使いやすくはないマニュアルカメラに超望遠で撮影した、(しかもコダクロームだったりする)神業的な動物写真に感動しますが。

_ Haniwa ― 2006年12月20日 10時42分33秒

撮影ノートじゃなくて撮影データですね。直しておきます(恥)。

そうなんですよ、わたしも「おお、28mmで猫がこの大きさということは…」なんて考えて楽しんでいました。

テリート400mm F5なんていう「おもしろレンズ工房どどっと400」のご先祖様みたいなレンズでコダクロームでぶれずにばしっと目にピントがきてるんですよね。岩合さん、神業です。

来年もライカR9 + プロビアでやってほしいなぁ。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索