なぜか、ニコンF5が気になる今日この頃2006年12月13日 00時00分00秒

GR DIGITAL、28mm相当、プログラムAE、1/32sec、F2.4、ISO141

ボーナス時期なので、中古カメラ屋さんで商品の動きが速い。というか欲しいもの(レンズ)が品薄だ。

そこで何気なくボディを見ていると、ニコンF5が安い。もうF100と変わらないぐらいに安くなっている。もちろんF100よりも安いF5はそうそうないのだが。そしてF100の品揃えは少なくても、F5はごろごろある。

F5やF100の現役時代から言われていたことだが、F5は大きくて重いのだ。今更F5で秒8コマなんてフィルムで撮る人も少ない。実用的にはF100で十分である。しかし、フラッグシップだぞ。それがこのような値段で売られているとは。FM3Aよりも安いのだ。

電気カメラとはいえ、後々のサポートを考えると、F100やFM3Aよりも後まで修理が可能なのはF5である。そうは言っても、あのボディの大きさ重さである。

うーむ(頭の中で秒8コマのドドドドドドドドが鳴っている-笑)。


写真は記事とは関係ないが、今の気分を表している(笑)。
GR DIGITAL、28mm相当、プログラムAE、1/32sec、F2.4、ISO141、Nikon Capture4でモノクロ変換

コダクローム64・コダクローム64プロ、ついに国内販売終了2006年12月13日 15時00分00秒

Kodachrome 64 Professional (PKR) and Kodachrome 200 (KL)

外式のリバーサルフィルムとして、孤高の存在であったコダクローム64(Kodachrome 64 略称KR)とコダクローム64プロ(Kodachrome 64 Professional 略称PKR)の国内販売がついに終了とのこと。

こういう代替のないいいフィルムが、国内販売終了なんて、どうなってるんだ。もう嫌になってきた。生産終了なら仕方ないが、国内販売終了ってなんだよ。

【販売終了時期】
2007年3月末頃の見込みです。
*在庫がなくなり次第販売終了となります。
【現像処理】
2007年12月20日まで:国内で現像受付・処理サービスを行います。
それ以降(国内販売分で有効期限内):ケイジェイ イメージング株式会社で現像受付を、Dwayne's社(米国カンザス州)で処理サービスを行います。

「コダクローム64フィルム」販売終了のお知らせ(2006年12月13日 コダック株式会社 加賀ハイテック株式会社)

現像処理についても、「それ以降(国内販売分で有効期限内):」って条件付けやがって。買いだめしても有効期限内でなけりゃアメリカに取り次いでもらえないのか。個人輸入とか並行輸入したコダクロームは、2007年12月20日以降は現像してもらえないのか。自分でアメリカかスイスに送れってか。見損なったぞ、コダック日本法人。こんな会社もうt(以下自粛

【関連】
写真工業2006年8月号「コダクロームに寄せる思い」(2006年07月21日)
コダクローム64プロ(PKR)で桜(2006年04月06日)
コダック コダクローム200フィルムが国内販売中止(2005年12月21日)

【関連追記:2007年11月22日】
コダック、再度コダクロームフィルムの国内処理終了を告知 ― 2007年11月01日
コダクローム、現像受付明日11月5日から再開 ― 2007年11月04日
Kodachrome 海外現像は3507円で納期2~3週間 ― 2007年11月22日

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索