富士フイルム、28mmからの工事現場用デジカメ発表2006年11月09日 00時00分00秒

ゆびをはさまれるよ!あぶない ドアからはなれてね!その2 GR DIGITAL 28mm相当

富士フイルムは、11月8日、28mm~84mm相当のズームレンズ搭載の防水・防塵設計の工事現場用デジタルカメラを発表した。
工事現場用デジタルカメラ「FinePix BIGJOB HD-3W」新開発
富士フイルム、工事現場デジカメ「FinePix BIGJOB HD-3W」を開発(デジカメWATCH)

富士フイルムのデジタルカメラは、高感度でノイズが少ないのがウリなのだが、ズームレンズの広角端が38mmとかいうのが多くて、広角好きの私としてはいまひとつそそらなかった。しかし、このデジカメは28mmからのズームだ。おお、やっと来たかという感じだ。工事現場用なので広角端の歪曲が少ないことが期待できる(実際はまだわからないが)。

液晶モニターが3型ということで大型化しているのだが、これと工事現場用ということでの耐衝撃性との関係が気になる。液晶は結構割れやすいのだ。また、工事現場用としてはJIS保護等級7級で十分なのだろうが、ペンタックスのOptio W20のようにもっと小型で水深1.5mでの撮影も出来る機種があるので、一般人がレジャー用にFinePix BIGJOB HD-3Wを使うには物足りない仕様だ。海や川などで簡単な水中撮影ができるのならFinePix BIGJOB HD-3Wも欲しい気がするのだが、あくまでも工事現場用なのだろう。ちょっとがっかり。Optio Wシリーズで広角端がもう少しワイド側になったものが出ないかなぁと日々思っていたのだ。

FinePix BIGJOB HD-3Wは電池が単3使用なのにカタログ上では結構枚数が撮れることになっているのもいい。単3型電池使用は、電池の入手や使いまわしの上で便利なのだが、リチウムイオン電池に比べて取れる枚数が少ないのが欠点だった。このカメラは省電力なのか、単三型ニッケル水素充電池で約340枚撮れるという。いいことだ。

この調子で、エビちゃんモデルも28mmからのズーム搭載、Optio W20のような小型防水モデルも投入して欲しい。

写真は記事とは関係ない。昨日の写真がキティちゃんではなくミミィちゃんだということが判明したので、もう1回挑戦(笑)。こんどこそ正真正銘のキティちゃんだ(笑)。こちらも既に指を挟まれている(笑)。こちらのシールの方がやや色褪せていて鮮明ではない(ちょっと彩度上げてあります)。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索