キヤノンのEF 50mm F1.2 L USM2006年08月31日 00時00分00秒

ちょっと情報が遅れたが、キヤノンが新レンズEF 50mm F1.2 L USMを11月下旬より発売するようだ。

大口径単焦点の新レンズ、うらやましい。もちろん、ニコンには古くからAi Nikkor 50mm F1.2Sがあり、今も現行品だ。しかし、これはマニュアルフォーカスレンズで非CPUレンズだから、最近の中級機以下のボディでは使いづらい。しかもキヤノンには135フルサイズのデジタル一眼レフがラインナップされてるから、EF 50mm F1.2 L USMを、銀塩時代の135フィルムの50mmの画角で使える。ああ、うらやましい。

キヤノンがEF 50mm F1.0L USMを製造中止にしたとき、もうF1.4を超える大口径50mmレンズは出さないのかな、と思っていたが、キャノンはF1.2にして実用的な大口径レンズとして出してきた。価格も税込み194,250円と高いが、スペックや売れ行きからすると妥当な値段だろう。うらやましい。

片や、言いたくないが我らがニコン。DXフォーマットで42mm相当の画角のAi AF Nikkor 28mm F1.4Dは生産終了だし、AFの50mm F1.4を超える大口径レンズはいまだに発売されたことが無い。というかAF 50mm F1.2は、マウント径とAF接点の関係からかなり無理らしい。私は別にCPU内蔵やオートフォーカス(AF)の必要は無いのだが、新規に発売されるボディが非CPUだと使いにくいものが多いので、世間的にはAFのCPU内蔵レンズで出して欲しいと思う人が多いだろう。

このあたりがニコンの矛盾しているところで、「今後出すデジタル一眼レフカメラはすべて非CPUレンズもOKのAi対応とすればすっきりするのに」、といつも思う。ニコンは廉価機ユーザーと上級機ユーザーとで使うレンズが違うので棲み分けさせているつもりだろうが、D50Ai Nikkor 35mm F1.4Sを使いたい人もいるだろうし、使えるならばAi Nikkor 35mm F1.4S買う人も増えると思うのだが(現状のD50でAi Nikkor 35mm F1.4Sは使えなくは無いが露出計は働かない。あのファインダーではピントが分からないが、フォーカスエイドを使うという手がある)。デジタル一眼レフは、フィルムカメラと違って、カメラボディとフィルムが一緒になったようなものだから、先に出た上級機よりも後から出た廉価機の方が絵作りが好ましいということがあるから、なおさら最新の廉価機でも非CPUレンズに対応して欲しいのだ。

銀塩時代はニコンEMという廉価機に50mm F1.4付けて使ってもなんの違和感もなかったし、機能制限もなかった(Aiレンズしか使えないという制限はあったがレンズをAi改造するサービスがあった)。それがAPS-Cサイズのデジタル一眼レフになると50mm相当の画角のF1.4のCPUレンズが無いばかりに、AF Nikkor 35mm F2Dを使うしかない。そのAF Nikkor 35mm F2Dもずっと品薄気味だし。

また、非CPUレンズ対応の問題以外にも、撮像素子のサイズとレンズラインナップとの関係もすっきりしない。APS-Cサイズ(ニコンDXフォーマット)の一眼レフデジカメが最適と胸を張って言えるならば、堂々とDX 35mm F1.4(52.5mm相当)やDX 24mm F2(36mm相当)、DX 18mm F2(27mm相当)といったレンズを出せばいい。

キヤノンの廉価機のファインダーはかなり萎え萎えだし、ほかにも色々と不満があるので、キヤノンのデジタル一眼レフを買う可能性は今のところ低いが、レンズの互換性やラインナップがいまいちで、一からレンズをそろえるのならばというか高倍率ズームレンズ1本でいくのならば、銀塩一眼レフはニコン、デジタル一眼レフは別の会社という選択もまったく不自然ではない。事実そうしている人も多そうだ。わたしがしばらくデジタル一眼レフを様子見しているのも他社でいいのがあればそっちに行ってもいいと考えているからだ。突然、シグマのSD14(←フォトキナで発表予定)買っちゃったりして(笑)。

ソニーGPSユニットキットGPS-CS1K2006年08月31日 00時00分01秒

ソニーが9月1日から発売するGPSユニットキットGPS-CS1K、なんかよさそうだ。値段が手ごろだし、デジカメWATCHのリポートによると、正式にサポートされていないがソニー製以外のデジカメでもEXIF2.1以降に準拠するJPEGファイルならOKなようだ。

これは要するに、GPSから位置情報を一定間隔で記録していき、あとでPC上でソフトウェアを使ってデジカメのJPEG画像のEXIFにGPS情報を付加するものだ。だから、カメラの時間が全く間違っているとうまくいかないだろう。ただ1分ぐらいのズレなら、よほど高速で移動していない限り問題ないのだろう。

残念なのは、電池の持ちが単3ニッケル水素電池1本で14時間ということ。せめて24時間ぐらい持って欲しい。あとは、スタパ齋藤氏も指摘しているように防水じゃないこと。さらに言うならば、デジカメWACHでも指摘されている感度の問題。

起動後に電波を捕まえるまでに1~3分はかかるが、その間はGPS-CS1Kのアンテナがあるところ(GPS衛星のマークが印刷されているあたりだそうだ)を空に向けてじっと待つ。http://dc.watch.impress.co.jp/cda/item/2006/08/31/4511.html

もうちょっとなんとかならないかなぁ。お店に入る前に入り口の外で1~3分間変なキーホルダーを上に向けて立っている奴って怪しいよなぁ(笑)。

しかし、なんかお手軽だし欲しくなってしまうなぁ。ソニーはこういう痛いところを突いてくるのだ(笑)。明日はヨドバシカメラに近づかないようにしよう(笑)。ヨドバシドットコムでは、¥13,800となっている

【追記】
そういえば、その昔コニカは「現場監督28HG」にGPSユニットを付けた「コニカ Land Master」を発売していたのだった。
http://www.kitamura.co.jp/navi/camera.php?goods_cd=Z000000749&old_id=kon_9604_land_master
http://navi.kitamura.jp/camera/0000001299.html
↑リンク切れのためリンク先を修正した(2007年7月10日)

【関連:2007年2月27日追記】
SONY GPS-CS1Kでデジタル画像に位置情報(2007年2月27日)

【関連追記:2008年2月26日】
SONY デジタルカメラ用GPSユニットキット「GPS-CS1KSP」発売 ― 2008年02月26日
【関連追記ここまで】

【さらに関連追記:2008年4月11日】
ACC-GPS(SONY GPS-CS1K用アップグレードキット)が届いた ― 2008年04月11日
SONY GPS-CS1KのアップグレードキットACC-GPSが全然来ない ― 2008年03月27日
ATPのデジカメ用GPSレシーバー「PHOTO FINDER」 ― 2008年03月14日
【さらに関連追記ここまで】

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索