GR Digitalの防水ケースを考える2006年05月15日 00時00分00秒

GR Digitalの前玉のコーティングを剥離させて、2万2千円余の出費でレンズユニットを交換する羽目になったから、というわけではないのだが(笑)、リコーのGR Digital専用の防水ケースを発売して欲しい防水ケースとは、こんなかんじのもの(*)。
(*)ニコンオンラインショップがニコンダイレクトに改装されたのでリンク先変更した(2006年8月29日)

防水ケースがあれば、水中だけでなく、水辺での撮影や埃っぽいところなどで安心してGR Digitalが使える。リコーから防水ケースが出ていないのは、リコーは工事現場用の防水防塵デジカメCaplio 500Gwideなどを発売しているからだろう。防水ケースを売ると、Caplio 500Gwideなどが売れなくなると考えているのかもしれない。しかし、それは違う。防水ケースに入れても、元のカメラが耐ショックになったりするわけではないし、本体で防水になっているに越したことはないから、Caplio 500Gwideのニーズは防水ケースを発売しても変わらないと思う。

ちなみに、Caplio 500Gwideの前機種にあたるCaplio 400Gwideには、Caplio 400GwideCaplio 400Gwide Fがあって、Caplio 400Gwide FのFは消防の意味のfireらしい(〈消防対応の高感度モード搭載〉火災現場の困難な撮影条件でも対応できる消防対応デジタルカメラ登場!!)。本物のプロのデジタルカメラだ。

GR Digital用の防水ケースの場合、ワイドコンバーターをどうするのかも問題になるだろう。ワイコンをつけた状態とつけない状態のどちらでも同じ防水ケースにフィットするような仕組みを考えて欲しい。

もうひとつ、オートフォーカスも問題になるかもしれない。リコーの「ハイブリッドAFシステム」(説明書には「ハイブリットAFシステム」とあるが誤植だろう)は、外部パッシブ式とCCD(コントラスト)式の併用だが、水中では、外部パッシブ式の測距だと水の屈折率の関係でピントがずれる。GR DigitalのマクロモードはCCD式のみになるようなので、このマクロモードでは全域でCCD(コントラスト)式になるのなら、マクロモードで水中はOKかもしれない。

しばらくすると、梅雨になり、夏の海のレジャーシーズンがやってくる。そのときにGR Digitalで撮りたい人も多いと思う。是非夏までに防水ケースを発売して欲しい。

アサヒカメラ次号(2006年6月号)予告2006年05月15日 00時00分01秒

アサヒカメラのサイトは頻繁にURLが変わる上に、TOPページもなくなり次号予告もなくなってしまったと思っていたら、アサヒカメラの携帯向けサイトには次号予告があった。毎月13日に次号の詳細な内容をアップするらしい。なんで朝日新聞社の雑誌サイトにリンクがないんだろう。

5月20日発売のアサヒカメラ2006年6月号の注目は、

  • ニューフェース診断室「GR Digital」
  • フィルム絶対主義 デジタルには越えられない壁がある 赤城耕一、荒木経惟、坂田栄一郎、佐内正史、白川義員、白籏史朗、立木義浩、水越武
  • 富士写真フイルム開発者インタビュー 赤城耕一
  • 撮って楽しい 厳選フィルム54本の色と描写性
  • ニコンMF党・活動ファイルNo.2 ニコンMF党必携レンズ゙はこれだ 神立尚紀
  • 銀塩とデジタルの橋渡し最新スキャナー活用術 まつうらやすし

フイルム開発者インタビューは、富士写真フイルムの"フィルム&イメージ"でやってほしかった企画だ。アサカメ、20日が楽しみだなぁ。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)