コダックもフィルム写真事業継続についてコメント2006年01月25日 00時00分00秒

Kodak Kodacrome 200 (KL)

コニカミノルタが一般用フィルム生産を終了するというニュースに対して、富士フイルムは即座にコメントを出して感材写真事業の継続をアナウンスしていたが、コダックもアナウンスを出した。

今後のフィルム写真事業をどのように考えているかという質問が最近になって多く寄せられています。ここにコダック社の取組みについてお答えしたいと思います。(2006年1月24日イーストマン・コダック社・コダック株式会社)

コダック社と日本で事業展開を行っているコダック株式会社は、今後も引き続き、市場に需要がある限り、銀塩フィルム及び印画紙を製造・提供してまいります。

「需要がある限り」ってどのくらいあれば「需要がある」っていうんだろう。私が使うだけなんていうのは、「需要がある」とは言わないもんなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索
※ブラウザで「保護されていない接続」「安全ではありません」などの表示が出る場合はSSL対応のhttps://haniwa.asablo.jp/blog/の方にアクセスしてください。お気に入り・ブックマークもSSL対応の方に変更をお願いします。(2021/02/23)