ニコンクリーニングキットプロ2005年11月18日 00時00分00秒

ニコン クリーニングキット プロ

ニコン クリーニングキット プロを購入した。 元々は、デジタル一眼レフのイメージセンサー(厳密にはローパスフィルター)の表面にゴミがつくとそれが画像に写りこむので、自分で掃除するためのキットだ。

デジタル一眼レフを持っていないのになぜそんな高価なセットを?とお思いの方も多いと思われるが、レンズの掃除の仕方をきちんと知りたかったのだ。 このキットの最大の特長は、クリーニングの仕方を説明したCD-ROMが2枚入っていることだ。 その情報料がこれだけの値段の大半を占めると思っている。
こんな小物をちょくちょく買う金があるなら、何かMFニッコールの1本でも買っとけ!とか言われそうですが、そのとおりでございます(笑)。Ai Nikkor 28mmF2.8SとかAi Nikkor 35mmF1.4SとかAi Nikkor 50mmF1.2SとかAi Nikkor 105mmF2.5SとかAi Nikkor 180mmF2.8Sとか欲しいです(泣

で、感想なのだが、買ってよかった。これで少ない回数の接触でレンズもフィルターも掃除できる。 下手な拭き方だと、何度やってもうまくいかず、そのうち傷をつけてしまったりする。ちなみにキットのケースはなんだか異様に大きい(笑)。それから、キットに同梱されていないアルコールだが、必ず「無水エタノール」を購入すること。「消毒用アルコール(エタノール)」は水が入っているので、拭きむらが残る。
 余談だが、こんな製品にも「カスタマー登録カード」が入っていた。現行品を新品で買っても、2001年5月以降に発売された新製品しか登録できないのは、なんか矛盾していると思う。2001年4月以前に発売開始の製品を買っても上客じゃないということなのか。

なお、掃除の仕方が解説されているのは、フィルター、レンズの前玉・後玉、ファインダー接眼部、ファインダースクリーン、ファインダー底部、デジタル一眼レフのイメージセンサー、ボディだ。 1枚目のムービーのアナウンサーは大塚寧々みたいな声の人だ。こっちは好感度大だ(笑)。 2枚目の方は、落ち着いた女性の声だが、発音がちょっとアニメみたいで嫌だ(笑)。 「つぅきにかわっておぅしおきよぉ」みたいな(笑)。

解説の内容については公開できないので、気になる人は買うしかない(笑)。 でも、イメージセンサーの掃除については、自信のない人やニコンのサービスセンターが近くにあって平日の昼間にいけるような人は、自分でやらずにニコンでやってもらったほうが安くて安全だろう。

買い物山脈 デジタル一眼専用お掃除セット(Impress PC Watch)
  ↑デジタル一眼レフ専用じゃないんだが

「マクロアポランター」再スキャンしました2005年11月18日 00時00分01秒

maple in spring

ニコンオンラインアルバムに格納してある、「マクロアポランター」を更新した。SUPER COOLSCAN 5000EDで再スキャンして何枚か追加した。カエデの写真は秋に撮ったものではなく春に撮ったものだ。このときはなぜか紅葉していた。 表紙のパンジーの一種はスキャンしたら色が変な感じになったが、どうしたらよいか分からない(苦笑-あちこちいじってみたのだが、思うような色調にならなかった)ので、そのままにした。

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索