自民分裂選挙で見えてきた 政界一大再編劇の裏の裏(Nikkeibp立花隆)2005年08月01日 00時00分00秒

自民分裂選挙で見えてきた 政界一大再編劇の裏の裏(Nikkeibp 立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」) が、私が漠然と思っていたことを的確に分析している。ただし、あまりに事前に民主党大勝みたいなメディアの予想が氾濫すれば、混乱を嫌う国民が争点とは関係なく自民党に入れる可能性もあると私は思う。むしろそれを狙って、やたらと「民主圧勝」と流すメディアもでてくるだろう。 要するに「分からない」と(笑)。

“フィッシング時代”のメール「べからず」集2005年08月01日 00時00分01秒

“フィッシング時代”のメール「べからず」集(IT Pro 日経BP)

すごく当たり前のことなんだが、出来てない企業が多かったりする。

Ai Nikkor 45mmF2.8P、ブラックかシルバーかそれが問題だ(笑)2005年08月02日 00時00分00秒

Nikon FM3A and Ai Nikkor 45mmF2.8P

Ai Nikkor 45mmF2.8Pが気になっている。
D50で呼び起こされた物欲が、うまく捌け口を見つけられないので、変な方向に走っているのかも(笑)。 35mmF2も50mmF1.4もあるのだから、45mmF2.8なんて焦点距離、だぶって無駄だとも思える。 でもパンケーキレンズが気になるんだよなぁ(笑)。 これが、28mmF3.5とかなら迷わず買ってるんだが。もう出ないだろうなぁ、そんなレンズ(かつてリコーからKマウントで出ていた)。

赤城耕一氏の連載コラム「アカギカメラ」第14回「ニコンF再燃」のTOPにニコンFに45mmF2.8Pブラック装着の写真が載っている。 うーむ、欲しい(笑)。

このレンズは、買うと決めてからもうひとつ悩みがある。ブラックにすべきか、シルバーにすべきかという問題だ。うーむ(笑)。

悩みが深くなるので(笑)、コシナのフォクトレンダーの40mmF2は考えないことにする(笑)。

【追記:関連Blog】
Ai Nikkor 45mm F2.8P入手: "Haniwaのページ"作者のblog(2005年12月22日)
再びAi Nikkor 45mmF2.8P: "Haniwaのページ"作者のblog(2005年08月29日)

産総研が1CD Linux新版「knoppix4.0 Linuxtag 日本語版」公開,DVDになりGNOMEも収録2005年08月04日 00時00分00秒

Knoppix4.0起動画面

・産総研が1CD Linux新版「knoppix4.0 Linuxtag 日本語版」公開,DVDになりGNOMEも収録
・KNOPPIX日本語版(独立行政法人 産業技術総合研究所)

KnoppixというCD-ROMから起動するLinuxがあります。
使い道として、Windowsが起動しなくなった緊急事態に、KnoppixでPCを起動してデータを救出するといった使い方や、学校などでPCの実習をするときに生徒が勝手に設定をいじってしまわないようにとか、インターネット閲覧・メール・ちょっとした文書作成程度ならKnoppixで十分とか、そういった用途があります。

利点としては、ハードディスクを使わないのでウィルスやスパイウェアなどを仕込むことが出来ないことがあげられます(CD-ROMなので設定を書き換えられない、プログラムをインストールできない)。もっとも、変更した設定はUSBメモリやHDDに保存することは可能なのですが。

今回のバージョン4.0からDVD版となり、容量が増えたのが気になるところです。従来の700MBのCD-ROM版が無くなって、数MBの小と3.8GBの大のみになってしまいました。どうせDVD版にして大きくするなら、ファイヤーウォールソフトも追加してほしいなぁ。

8月公開のセキュリティ情報は計6件,最大深刻度は『緊急』2005年08月05日 00時00分00秒

「8月公開のセキュリティ情報は計6件,最大深刻度は『緊急』」――MSが予告(日経IT Pro)だそうです。

2005年7月27日あたりから、Windows Genuine AdvantageがWindows XPとWindows 2000に導入されています。WGAのActiveXをインストールしないと手動のWindows Update,Microsoft Updateが実行できないようです。WGAをインストール後も正規品の認証がなされないと、自動更新のセキュリティ修正パッチ以外はダウンロードできなくなったようです。
なんだか怪しいので(笑)、試験運用中は認証回避していましたが、これを機にWGAをインストールして認証しました。別に変わったところは無いです。

あとそれから、Windows Updateをやらずに、アンチウィルスソフトの定義ファイル更新だけをマメにやっている人が結構いるみたいなんですが、Windows Updateの方を優先すべきです。家の壁にあちこち大穴が空いているのに、それを直さないまま、家の中の警備員に賊の侵入を監視させるようなものです。まずは、壁を補修しましょう。それだけで防げるものが多いからです。

Windows 2000 SP4 Update Rollup 1再リリースの可能性2005年08月05日 00時00分01秒

Windows 2000 SP4 Update Rollup 1で一部に不具合情報があり、再リリースが予定されているらしいです。

Update Rollup 1 for Windows 2000 SP4 and known issues日本語ページはまだ更新されていない模様。

うちの環境では、報告されているような不具合の全部はでていません。しかし、まだWindows 2000 SP4 Update Rollup 1を当てていない人は、再リリースを待った方がいいかもしれません。

SUPER COOLSCAN 5000EDの値段2005年08月08日 00時00分00秒

Nikon Super COOLSCAN 5000ED

以前にも書いたが、フィルムスキャナが使えなくなって半年以上経つので、このあたりでなんとかしたい。そこで、ニコンのフィルムスキャナ COOLSCAN 5EDSUPER COOLSCAN 5000EDとコニカミノルタのDiMAGE Scan Elite 5400IIが比較対照になった。ここでニコンD50によって呼び起こされた物欲のために予算が拡張し(笑)、SUPER COOLSCAN 5000EDが第一候補になってしまった(苦笑)。スキャン時間が半分近くで済む反面、値段は倍近い。

で、値段を調べてみると、価格比較サイトではかなり安いところもあるのだが、こういうところは、
送料が高い
代引き手数料が宅配便業者の設定よりもかなり高い
納期があいまい
初期不良の交換にごちゃごちゃと条件が付けられている

などで、その価格差が帳消しになっているような気がして、ヨドバシカメラの値段を調べてみた。

すると、いつも行くヨドバシカメラA店ではヨドバシドットコムよりも4500円も高い(これはよくあること)。それでヨドバシドットコムで買おうかと思いきや、ヨドバシドットコムではアクセサリのストリップフィルムホルダFH-3が通販で扱っていない。別にどこかで買う必要がある(いつものヨドバシ店舗で買えばいいのだが)。
で、たまたま仕事でヨドバシカメラB店の近くまで行くことがあったので、帰りにフィルムスキャナの売り場に寄ると、なんと通常価格でヨドバシドットコムよりも4500円も安い。要するに、ヨドバシカメラA店とB店では通常価格が9千円も違うのである。うーむ。次に仕事で行った帰りにB店で買ってしまうか(つづく、かも…)。

解決してないMSサポート技術情報2005年08月09日 00時00分00秒

Windows XP で複数の USB スキャナを同時に使用できない(マイクロソフトサポート技術情報324756)

あのう、

「解決方法
この問題を回避するには、一度に接続して使用するスキャナを 1 つにします。2 つ目のスキャナを使用するときは、1 つ目のスキャナを USB ポートから取り外し、コンピュータを再起動してから 2 つ目のスキャナを接続します。1 つ目のスキャナを使用するときは、2 つ目のスキャナを USB ポートから取り外し、コンピュータを再起動してから 1 つ目のスキャナを接続します。」

それって、要するに同時に使用できないってことですよね。解決してまへんがな。

Windows Update(2005 年 8 月)来ました2005年08月10日 00時00分00秒

【緊急】
Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (896727) (MS05-038)
プラグ アンド プレイ の脆弱性により、リモートでコードが実行され、特権の昇格が行なわれる (899588) (MS05-039)
印刷スプーラの脆弱性により、リモートでコードが実行される (896423) (MS05-043)

【重要】
テレフォニー サービスの脆弱性により、リモートでコードが実行される (893756) (MS05-040)

【警告】
リモート デスクトップ プロトコルの脆弱性により、サービス拒否が起こる (899591) (MS05-041)
Kerberos の脆弱性により、サービス拒否、情報の漏えいおよびなりすましが行われる (899587) (MS05-042)

今月の「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」は、現在のところWindows Update/Microsoft Updateのみで提供。

「緊急」の3件については、
「Webページを閲覧するだけ,あるいはネットに接続するだけで被害を受ける可能性があるので,早急にパッチを適用したい。」

WindowsやIEに「緊急」のセキュリティ・ホール,修正パッチの適用を(日経IT Pro)

非セキュリティのパッチ、 [FIX] セキュリティ更新プログラム MS05-012 をインストール後、リッチ テキスト形式の電子メール メッセージで 2 バイト文字セットの添付ファイル名が表示されず、エラー メッセージ "Generic Host Process" が表示されることがあるも来ています。

【追記:2005.08.12】
Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (896727) (MS05-038)には、デジタル署名が破損しているものがあったそうで、
IEのパッチに不具合,ダウンロードセンターから入手したユーザーは注意(日経IT Pro)

セキュリティ情報中のリンクなどからダウンロードセンターのページにアクセスしてパッチを入手したユーザー,およびSystems Management Server(SMS)を利用してパッチを入手したユーザーは,パッチを適用できていない恐れがある。現在は不具合を修正したパッチが置かれているので,該当するユーザーは改めてパッチを適用したい。

 一方,自動更新機能やMicrosoft Update,Windows Update,SUS,WSUSから入手可能だったパッチには,当初から不具合がなかった。このため,これらからパッチを適用したユーザーは影響を受けないので,改めてパッチを適用する必要はない。

とのことです。
参考:マイクロソフト日本のセキュリティチームのBlog

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索