コニカ現場監督28HG点検(兼裏蓋改造)完了!2005年06月23日 00時00分00秒

コニカ現場監督28HGをコニカミノルタフォトスクエア東京(新宿)に点検に出した。考えてみると、このカメラも買ってからもう10年になる。5年前にAFの調整と各部点検に出してからまた5年。全然問題は感じてなかったのだが、去年製造中止になったこともあって、防水機能を含めた点検に出した。ついでに、裏蓋がデート無しだったのだが、家族からデート無しは不評だったので、デート付き裏蓋に改造をお願いした。

結果はGood! オートフォーカスは、不満は感じてなかったのだがどうも点検前は撮影距離2mから5mぐらいのピントが絞り解放時微妙に甘かったようだ。徐々にずれてくるものなので気づかなかったのだが、点検後にフィルムを通して確認してみると、特に2~5mが明らかにシャープになっている。「まあ、こんなもの。」と思っていたのは単なる微妙なピン甘だったとは…

裏蓋交換は、改造扱いなので頼みにくい気がしていたのだが、快く引き受けてくださった。写し込みは滲みもなく濃くはっきりと隅っこに入っている。 デート機能の説明書がないので、コニカミノルタの現場監督シリーズ使用説明書ダウンロードページに行ってみたが、アップされている28HGの使用説明書は、手元にあるのと同じデート無しのものだった。現場監督28eco,35ecoの使用説明書のデート機能部分が、28HGのデート付き裏蓋と同じようだったのでこちらをダウンロードして参照した。

気になる値段だが、見積もりでは工料(点検)7,000円、部品代(裏蓋)8,000円だったのだが、返ってきてみると、工料7,000円、部品代(裏蓋)1,410円になっていた。点検と裏蓋の工料の重複分が安くなったのだろう。 このほかに消費税と、宅配便での返却の場合は送料(今回は476円)と代引き料金が掛かる。なお、交換前のデート無し裏蓋もきちんと返却されてきた。

こんどの週末からしばらく本州ではあまり雨が降らない予報で、防水カメラの出番ではないような気もするが、水辺などでも安心して撮影できる「現場監督」はまだまだ現役だ。

 『コニカミノルタは、旧ミノルタのカメラ部門が赤字で、旧コニカのフィルム部門の黒字の足を引っ張っているという噂』を耳にしたので、決算報告で確認しようと株主・投資家の皆様へというページを見たのだが、「2005.05.13 2005年3月期 決算説明会資料 (PDF、音声配信)」というのをクリックしても、IE6.0SP2だと真っ白、Opera8.01やMozilla Firefox 1.04だと「恐れ入りますが『閉じる』ボタンをクリックして、もう一度やり直して下さい。よろしくお願い申し上げます。 」と出て、参照できない。だいたいそのリンク先はc-hotline.comというkonicaminolta.jpとは別の得体の知れないサーバ(笑)だし、いったいどうなってるのかこの会社は(笑)。普通に自分のサーバにPDFファイルを置いてリンクできないのだろうか。

2005/6/27追記 6月24日に定時株主総会が行われたようで、そのときの発表資料はコニカミノルタのサーバ上(http://konicaminolta.jp/about/investors/earning/br/index.html)にアップされています。

【追記:2020年1月20日】
フィルムカメラ写しこみ機能2020年問題 ― 2020年01月20日

コメント

_ ugen ― 2007年03月15日 18時21分51秒

僕も現場監督28HG 2台を仕事用と登山用で使ってます。おたがいHGを末永くつかっていきましょう。
僕のはまだ一度もメンテしていないのでちと不安です。

_ Haniwa ― 2007年03月16日 08時40分37秒

ugen様、コメントありがとうございます。

現場監督28HGをお仕事用でもお使いですか。頼もしい限りです。私も先日「現場監督」がオレンジの「現場監督28WB eco」を首から提げているのを道で見かけてうれしくなったところでした。

登山用に「現場監督」いいですよね。このカメラの開発者も山に持って行っていたらしいです。天気の悪い時もこのカメラしか持って行かないことがあります。

私は5年に一回のペースでAFの調整をしてもらっています。広角レンズなのであまりピントのズレは気にならないですが、調節してもらうとやはり違います。

_ 和歌山県警交通事故捜査係の者です。 ― 2007年04月20日 23時05分45秒

現場監督HGは私の職場でも活躍しています。
ちなみに、このカメラは全県下警察に配備されています
緊迫した事故現場でシャッターを押すだけで誰でも的確に現場の状況を撮影でき、はっきり言って事故現場の撮影はこのカメラ意外には考えられません。

_ Haniwa ― 2007年04月21日 21時25分33秒

和歌山県警交通事故捜査係の者です。様、コメントありがとうございます。

いや~、お名前にドキリとしました。「えっ?オレ、和歌山で轢き逃げとかやってないしぃ(>_<)」とか思ってしまいました(笑)。

現場監督、お仕事で大活躍とのこと。頼もしい限りです。内蔵フラッシュが大光量なのも、夜間の現場写真に威力を発揮するんでしょうね。誰でも簡単に確実に撮れて、取り扱いに注意が要らないというのが、現場監督シリーズのいいところですよね。結構解像力もありますし。

でも壊れて修理が利かなくなったら、リコーのCaplioシリーズに置き換えられてしまうんでしょうね。寂しいです。頑張れ、現場の「コニカ現場監督」!!

和歌山県警交通事故捜査係の者です。様、わたしも現場監督愛用し続けます。

_ J.N ― 2007年05月02日 00時43分01秒

カメラの防湿庫を整理していると奥のほうからHGが出てきました。このところデジカメばかりでHGのことはすっかり忘れていました。フィルムが入っていたので何を撮ったのか覚えていませんでしたが試しに現像に出して見ると写っていました。5年前の家族で遠出したときの皆若い写真でした。私も裏蓋をデート付に改造(当時6000円)しておいたので日付がばっちりでした。タイムカプセルを開けた感じで懐かしい思いでいっぱいでした。HGのデザインはバランスがよく最高です。買ったころ嬉しくてよく鉛筆でデッサンしてニンマリしていました。こってりした描写もほのぼのした感じで好きです。このカメラは決して手放さないでしょう。

_ Haniwa ― 2007年05月03日 07時48分32秒

J.N様、コメントありがとうございます。

そうですね。家族写真に現場監督28HGはいいと思います。28mmで行楽地の大きなものも背景に入りますし、小さな子供に手渡しても安心です。

わたしも28HGのデザインは好きです。M型ライカに通じる
デザインだと勝手に思っています。

5年前のお写真、無事現像できてよかったですね。わたしも
近々キャンプにでも持って行こうと思っています。

_ まんきんたん ― 2007年12月03日 06時25分10秒

1ヶ月程前に、某キタムラカメラでジャンクのコニカ現場監督28WB ECCO・オレンジを100円で買いました。
撮影はOKでしたが、裏蓋の爪が折れているので蓋が閉められないので、ジャンク品扱いにしたと店長が言っていました。家に帰って再点検したら、裏蓋以外は全くの完動品でした。
磨いたら、ファインダーも綺麗で、ピカピカになり、陳列ケースに飾っていました。今日同じ店に顔を出したところ、またあのカメラがあり、裏蓋を確認したところ、パチンと音がして大丈夫そうでした。当然これも店長から100円で譲ってもらい、家に帰って点検しましたがシャッターが全く切れず完全ジャンクでした。しかし裏蓋の爪が
正常なので、さきに買った、28WBの裏蓋と交換しました。ジャンクの28WB 2台 200円で購入し、一寸手を入れ、正常な防塵・防水カメラとして生き返ったのです。
これだから、中古カメラ探しはやめられないのです。

_ Haniwa ― 2007年12月03日 09時35分05秒

まんきんたん様
コメントありがとうございます。
コニカ現場監督28WB ECO・オレンジが100円ですか。うらやましい。

28WB ECOは、28WBや28HGとレンズは同じでフラッシュが、フラッシュマチックから自動調光に変わって電池の持ちがよくなったんですよね。オレンジもカッコイイのです。いいですねぇ。

ニコイチでコニカ現場監督28WB ECO・オレンジが200円とは、いいお買い物をしましたね。わたしも28WB ECOオレンジは時々気にかけているのですが良いめぐり合わせがまだないです。今の忙しさが一段落したらちょっと本気で探してみたいです。

_ 広島県警の者です ― 2008年02月02日 21時34分36秒

先日、現場監督ズームを手に入れました。28ミリhgとあわせて、活用したいと思います。メーカーには、特殊用途のカメラですが、依然として需要があることを認識して欲しいものです。

_ Haniwa ― 2008年02月04日 09時54分55秒

広島県警の者です様
毎度ドキッとしてしまうハンドルネームです(笑)。やましいところはないのに。ポリグラフとか弱いかも(笑)。

現場監督ズーム、おめでとうございます。2倍のズーム比と抑えたところなど、結構コニカは考えていました。よかったらインプレなどお聞かせください。

交通事故の現場検証とか、道路に看板設置(事故の目撃者探しとか交通規制の予告など)のときに警察官が現場監督で撮っているのを今でも見かけますね。生産終了が惜しまれる機種です。これの防水性能でヘキサノン35mm F2搭載を夢見ていたのですが。

昨日関東地方の平野部でも積雪しました。久々に現場監督もって撮りました。こういうときに安心して持っていけるカメラです。転んだ時にカメラをかばわなくてもいいので自分の身体を守れます(笑)。

_ WANI ― 2008年02月04日 12時41分43秒

>転んだ時にカメラをかばわなくてもいいので自分の身体を守れます

ここがいい所ですね。NIKONOSはただの鉄の塊ボディですから落下・衝撃には無防備ですからね・・・(w。レンズ先端に岩とかとの接触時の防御用に付けるプロテクター位しかないです。

_ Haniwa ― 2008年02月04日 16時21分13秒

現場監督は、プラスチックとゴムで出来ていて軽いので落としてもダメージが少ないのです。でも使用上のへビィデューティさではNIKONOSの方がはるかに上です。

_ MANA ― 2008年02月04日 20時56分37秒

ここに全都道府県警の方からのコメントが続くことを願っています。

_ Haniwa ― 2008年02月05日 09時10分45秒

警察庁・国家公安委員会の方のコメントもお待ちしております(笑)。

そうだ、警察庁で現場監督を指定品にして、どこかに生産を依頼すればいいんだっ。なんか利権の構造っぽいですが、この場合は許す!(笑)。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
私がよく言う「ニコンはレンズの○○環を無くすな」の○○とは?ツイッター@Haniwa_Japan参照

コメント:

トラックバック

Google
WWW を検索 haniwa.asablo.jp を検索
asahi-net.or.jp/~sp5j-hys/ を検索